新しいものづくりがわかるメディア

RSS


1台3役——レーザー刻印とCNC加工にも対応する多機能3Dプリンター「TOYDIY2」

デスクトップサイズの多機能3Dプリンター「TOYDIY2」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

TOYDIY2は、1台でシングルカラーの3Dプリント、デュアルカラーの3Dプリント、レーザー刻印、CNC加工に対応可能な多機能3Dプリンター。各作業用に4つのツールヘッドを用意しており、30秒で交換可能だ。

photo

シングルカラーの3Dプリント、デュアルカラーの3Dプリント用ツールヘッドのノズル径は0.4mmで、最高温度は220度。ヒーテッドベッドの最高温度は80度で、PLAフィラメントに対応する。最高プリント速度は秒速60mmで、積層ピッチは50~400μm、3×3マトリクスでの正確なオートレベリングが可能だ。

photo

レーザー刻印用ツールヘッドのレーザー出力は1500mWで、波長は405nm。ウッド、レザー、プラスチック、段ボールへの刻印に対応する。CNC加工用ツールヘッドは、14500rpmの高速385DCモーターを搭載。ウッド、PMMA、プラスチック、PCBへの加工に対応する。

photo

本体サイズは450×550×630mm、重さは27kgで、安定性と耐久性の高いメタル構造を採用する。全軸にライナーガイドを使い、X軸のマルチポイントローラーベルト駆動が精密な動作を可能にする。位置精度はZ軸が2.5μm、X/Y軸が11μm、加工エリアは350×300×350mmだ。

photo

128×64LEDスクリーンを搭載し、USB、オンライン、SDカード接続に対応する。すべての加工をサポートする、独自のスライシングソフト「EcubWare」を提供する。

photo

TOYDIY2は、今なら数量限定の早割価格4644香港ドル(約6万5200円)で入手できる。出荷は2021年5月の予定で、日本への送料は542香港ドル(約7600円)だ。2021年3月20日までクラウドファンディングを実施しており、3月15日時点で77万5000香港ドル(約1089万円)の目標額に対して約65万香港ドル(約919万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  5. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る