新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチサイエンス、「Raspberry Pi Compute Module 4 メモリ2GB / eMMC 32GB」発売

Raspberry Pi Compute Module 4 メモリ2GB / eMMC 32GB

スイッチサイエンスは2021年3月11日、「Raspberry Pi Compute Module 4 メモリ2GB / eMMC 32GB」を販売開始した。

Raspberry Pi Compute Module 4(CM4)では、SoCとしてBCM2711(ARM Cortex-A72、1.5GHz 4コア搭載)を使用し、製品寸法は55×40mmと従来のCM3(67.6×30mm)とは異なるフォームファクターを採用した。

メインメモリLPDDR4(1、2、4、8GB)、eMMC(なし、8、16、32GB)、無線LAN機能(有、無)の組み合わせで32通りのモデルが存在。一部のモデルを在庫販売し、その他モデルについては取り寄せ商品とのこと。

photo Raspberry Pi Compute Module 4 I/Oボード

CM4単体では使用できず、電源および入出力機能はすべて背面のコネクタ側から行うため、開発には、Raspberry Pi Compute Module 4 I/Oボードが必要だ。

Raspberry Pi Compute Module 4 メモリ2GB / eMMC 32GBの価格は7150円、Raspberry Pi Compute Module 4 I/Oボードの価格は5610円(価格は全て税込)で、スイッチサイエンスのウェブショップで販売する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  3. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  4. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  5. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  6. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  7. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」
  8. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る