新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ストラタシス、量産向けのSAFテクノロジーをコアとしたパウダーベッドフュージョン方式の3Dプリンターを発表

ストラタシスは、SAF(Selective Absorption Fusion)テクノロジーをコアとして採用したパウダーベッドフュージョン方式の3Dプリンター「Hシリーズ」の詳細を発表した。

photo

SAFは、最終パーツの生産性を向上させる 、新しい工業グレードのアディティブマニュファクチャリング(積層造形)技術だ。赤外線に反応するHAF高吸収流体を使用し、ポリマーパウダー粒子を目立ちにくい層で融合させてパーツを製造する。

photo

ベッド全体にパウダーを分散させる独自技術Big Waveパウダーマネジメントを採用。 あふれた粉末は全て迅速に再循環され、粉末が熱にさらされるのを最小限にとどめ劣化を抑えるため、必要な粉末の量と運用コストを低減する。

工業用ピエゾ方式プリントヘッドが所定の領域に 流体を噴射し、カウンター回転式ローラーを使用してプリントベッド上に粉末層のコーティングを行い、パーツの各層を生成。その後、赤外線エネルギーにさらされることでHAF部分が溶けて 、選択された領域と下層の粒子が融合する。正確な熱制御により反りや品質への影響を防止し、プリントベッドに必要とされるピーク温度を低減。パーツが完成するまでこのシーケンスを繰り返す。

photo

重要な加工ステップを、プリントベッド全体で同一方向に実行して均一に加熱するため、造形時の配置を問わず全てのプリンティングパーツの一貫性を実現するとしている。

SAFテクノロジー方式の3Dプリンタは、2021年第3四半期に提供開始予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3色表示可能な電子ペーパーを搭載したArduino互換ボード「Inkplate 2」
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 木製品を製造できる、環境に優しい植物由来の3Dプリンター用インクを開発
  10. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る