新しいものづくりがわかるメディア

RSS


写真画像や3Dモデルからホログラムが作れる3Dホログラムプリンター

写真画像や3Dモデルからホログラムが作れるデスクトップ3DホログラムプリンターがKickstarterで高い評価を得ている。

3Dホログラムプリンターは、カメラで撮影した写真、ビデオ映像からのキャプチャー、あるいは3Dグラフィックデザインから生成された画像から、見る角度によって立体的に見える像が浮かぶホログラムを作成できるプリンターだ。

LitiHolo 3D Hologram Printer

画像は「ホーゲル(hogel)」と呼ばれるホログラムを生成する3次元ピクセルにスライスされ、レーザーで特殊なホログラムフィルムプレートに光学的に記録される。専用フィルムプレートにプリントされたホログラムは見る角度を変えると立体的に見え、角度を変えると動くような短い動画を作ることも可能だ。

LitiHolo 3D Hologram Printer

専用フィルムプレートをプリンターから取り出した後の後処理は必要なく、すぐにホログラムを見ることができる。フィルムプレートは本体に同梱されるほか、クリエイターのサイトでも購入することができる。

3Dホログラムプリンターは、obj、blend、fbx、3dc、asc、3dsなど、3Dレンダリングプラットフォーム「Sketchfab」がサポートするファイル形式のほとんどをホログラムにすることができる。また、「Qlone」などのスマートフォン用3Dスキャンアプリのデータをホログラムにすることも可能だ。

LitiHolo 3D Hologram Printer

プリンター本体の大きさは20×21.5×11インチ(約508×546×279mm)、重さは約13kgだ。3Dホログラムプリンターで作成できるホログラムのサイズは最大5×4インチ(約127×102mm)。ホーゲルのサイズは1×1mmで、1ホーゲルあたりの視域は23。視差は水平方向のみで、水平視野角は45度だ。

レーザー波長は600~650nm、出力は20mWで、JIS C6802(IEC 60825-1)に定めるクラス1のレーザー製品に該当する。

LitiHolo 3D Hologram Printer

3Dホログラムプリンターの早期割引価格は、インターナショナル版が1199ドル(約13万円)。プリンター本体の他、3×2インチ(約76×51mm)のフィルムプレートが20枚と5×4インチのフィルムプレートが6枚付属する。3Dホログラムプリンターの出荷は2021年11月の予定だが、送料はキャンペーン終了後に確定する予定となっている。

3Dホログラムプリンターは3万ドル(約328万円)を目標に、2021年4月3日までクラウドファンディングを実施するが、キャンペーン開始後わずか25分で目標額を達成し、3月30日時点で目標額の4倍を超える約12万ドル(約1400万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  3. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  4. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  5. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  6. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  7. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」
  8. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  9. APPLE TREE、高さ600mmまで造形可能な大型FFF方式3Dプリンター「Guider 3 Plus」を公開
  10. 好奇心とエラーが生んだ極彩色の3Dプリント——「積彩」が求める未知の驚き

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る