新しいものづくりがわかるメディア

RSS


デンマークのスタートアップ、持ち運びと設置が簡単な風力発電システムを開発

デンマークのスタートアップKiteXが、重量10kgと軽量で、600Wの発電量を得られるポータブル風力タービン「Wind Catcher」を開発した。2021年3月28日までKickstarterでクラウドファンディングを実施中で、すでに39万5000デンマーククローネ(約690万円)の目標額を達成している。

ブレードは3枚で、ローターの直径、支柱の高さはともに4.0m。素材は柔軟性と軽量性を兼ね備えたグラスファイバーのほか、環境に配慮した再生プラスチックを利用している。支柱を立てたら、3本のワイヤを張ってベルトで長さを調整し、アンカーで固定する。ひとりでも15分程度で設置することができるという。

風速が毎秒4m以上あれば昼夜問わず稼働し、毎秒約8mで600Wの発電が可能。最大出力400Wの「Wind Catcher Lite」もラインアップしている。静音設計で、20m離れれば音は聞こえてこないという。最大で秒速22mまでの風に耐えることができる。

パワーステーションと接続してオフグリッドの発電システムを構築し、キャンプ場でもスマートフォンやノートPC、電動自転車を充電できる。発電量のモニターや制御ができる専用アプリも開発中だ。

価格は、Wind Catcher Liteが7390デンマーククローネ(約12万8000円)、Wind Catcherが9990デンマーククローネ(約17万4000円)からとしている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  10. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る