新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売

コンテックが、Raspberry PiをFAおよび計測制御分野で活用するためのHATサイズボード「CPIシリーズ」を開発し、2021年4月26日から順次発売する。

Raspberry Piはボード上の40ピンのGPIOピンヘッダでスタック接続するHAT(Hardware Attached on Top)拡張ボードによって機能が追加できる。さまざまな分野において利用目的ごとに専用のHATが開発されているが、スタックできるボードが1枚のみであるために、システムごとにI/O点数が異なり多種多様な信号を取り扱う計測分野ではこれまで適用が困難だった。

今回同社ではこのような課題を解決するために、HATの仕様を拡張した多段接続に対応したHATサイズボードを開発し汎用製品化した。また同時に産業用コンピューターの可用性や保守性を向上させる汎用RAS機能拡張ボードも開発した。

I/Oボードは、「絶縁デジタル入出力 8点/8点」や「逆コモン絶縁デジタル入出力 8点/8点」、「半導体リレー出力 16点」など合計6種類。汎用RAS機能拡張ボードは、ワイド電源入力および5VDCの内部/外部電源供給、RTCやWDT、ハードウェアモニター機能などを備える。

開発したボードは、工具など使わずに着脱できるプッシュ式ブロック端子台を採用し、最大8枚のスタック接続に対応する。同社製のPC用拡張ボードとAPI互換を有し、複数プラットフォーム間で開発資産を流用できる。またPython対応のAPIおよびサンプルプログラムを無償提供する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  2. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  3. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  4. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  5. 燕三条発——黒酸化加工ステンレス製シェラカップがMakuakeに登場
  6. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  7. 学生起業→就職→渡米を経て建機スタートアップ起業 ARAV白久レイエス樹が歩んだ10年
  8. プログラミング上級者は脳活動が洗練されている——コード解析時の脳活動パターンが明らかに
  9. FLINT、M5Stackをパネルにマウントするためのキット開発
  10. ドローンを使った果樹収穫サービス——AI技術を活用して市場に出せる果実を選別して収穫

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る