新しいものづくりがわかるメディア

RSS


近距離モビリティを月額レンタル——WHILL、DtoCサービス「WHILLレンタル」開始

WHILLは、同社の近距離モビリティを月額1万4800円でレンタルするサービスを、2021年4月8日に開始すると発表した。同日オンライン開催されたプレス発表会から報告する。

同社は、「すべての人の移動を楽しくスマートにする」をミッションとし、近距離移動用モビリティ「WHILL Model C2」などを開発、販売している。

photo

発表会の席上で同社代表取締役社長CEOの杉江理氏は、「国内に歩きづらさを感じているシニアは1000万人いると言われているが、電動車椅子の市場は約2万5000台にとどまっており、潜在的なニーズは大きい」とし、その要因としてこれまでモビリティの利用が介護保険レンタルあるいは購入のみであることを指摘した。

photo
photo

また、同社の近距離モビリティを利用したシニア層から、「長期使ってから納得して購入したい」「いつまで使うか分からないため、レンタルで使いたい」といった要望が聞かれたという。今回、年齢や介護保険の有無によらず、誰でも簡単に利用できるよう、同社がユーザーに直接提供する形のDtoCとして、レンタルサービスを立ち上げることとした。

photo

対象モデルはWHILL Model C2で、月額1万4800円(非課税)で最短1カ月から無期限までのレンタルが可能だ。利用に際しては、同社スタッフによる安全運転のサポートや、オプションのロードサービスなども用意し、利用者の便宜を図る。自転車の運転が不安だったり、短距離でもタクシーを呼んでいるようなユーザーが手軽に利用でき、QOL(生活の質)の向上にも役立てるとしている。

photo

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 充電10分で約400km走行可能なEV向けリン酸鉄リチウム電池を開発——安全でコバルトを含まず低コスト
  2. 放射冷却と太陽熱暖房を組み合わせたハイブリッドシステムを開発——無電源で室内を冷却し、太陽エネルギーで水を加熱
  3. 自分で作って遊ぶ「ルアープラモ」、金型屋さんのやりがいも爆釣りか
  4. 応募数120件——3Dプリント猛者が集った「もじゃコン」の結果を発表
  5. 芝刈りや水やりもお任せ——スマートガーデニングロボット「Yardroid」
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. スイッチサイエンス、ピンのステータスをLEDで表示できる「Raspberry Pi用 GPIOスクリューターミナルHAT」を発売
  8. スイッチサイエンス、「M5Stack用DDSユニット」を発売
  9. スイッチサイエンス、Arm Cortex-M0+搭載のArduino互換マイコン「Seeeduino XIAO」を発売
  10. XYZプリンティングジャパン、オープンレジン対応高性能光造形3Dプリンター「PartPro150xP」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る