新しいものづくりがわかるメディア

RSS


開発者向けオールインワンソリューション——ARスマートグラス「Mutrics ARiC」

オープンソースのARスマートグラス「Mutrics ARiC」がKickstarterに登場し、出品後24時間以内に目標額を達成する人気を集めている。

photo

Mutrics ARiCは、仮想イメージを現実世界にシームレスに重ね合わせるため、ハードウェアからソフトウェアまでを備えた、開発者向けのオールインワンARソリューション。

photo

ゴーグル型のARグラスには、RGBカメラ、ジャイロ/コンパス/加速度計を統合した9自由度のIMU(慣性計測ユニット)、SONYのOLEDマイクロディスプレイ、マイク、デュアルスピーカーを搭載。OLEDの視野角は45度で、解像度は1920×1080。USB経由でスマートフォンやタブレット、PCと接続して映画やゲームが可能で、120インチスクリーンを見ているような感覚や、360度の没入感を得られる。

photo

開発環境はUnityで、デモ用アプリおよびサンプルコードを提供し、画像マーカーを使ったAR、AIを使ったハンドジェスチャや物体認識機能を備えたARの開発を始めることができる。大きさは、フレーム幅が162mm、高さが51mm、テンプルの長さが180mm。

photo

早割価格は1299ドル(約14万2000円)。出荷は2021年9月の予定で、日本への送料は25ドル(約2700円)だ。

Mutrics ARiCは、2021年4月22日までクラウドファンディングを実施中。4月16日時点で、1万ドル(約109万円)の目標額を上回る約2万2000ドル(約247万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 充電10分で約400km走行可能なEV向けリン酸鉄リチウム電池を開発——安全でコバルトを含まず低コスト
  2. 放射冷却と太陽熱暖房を組み合わせたハイブリッドシステムを開発——無電源で室内を冷却し、太陽エネルギーで水を加熱
  3. 自分で作って遊ぶ「ルアープラモ」、金型屋さんのやりがいも爆釣りか
  4. 応募数120件——3Dプリント猛者が集った「もじゃコン」の結果を発表
  5. 芝刈りや水やりもお任せ——スマートガーデニングロボット「Yardroid」
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. スイッチサイエンス、ピンのステータスをLEDで表示できる「Raspberry Pi用 GPIOスクリューターミナルHAT」を発売
  8. スイッチサイエンス、「M5Stack用DDSユニット」を発売
  9. スイッチサイエンス、Arm Cortex-M0+搭載のArduino互換マイコン「Seeeduino XIAO」を発売
  10. XYZプリンティングジャパン、オープンレジン対応高性能光造形3Dプリンター「PartPro150xP」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る