新しいものづくりがわかるメディア

RSS


8000個以上のLEDをスマートに制御——インタラクティブライトツールキット「Brightly」

インタラクティブライトツールキット「Brightly」がKickstarterに登場し、1日で目標額の調達に成功している。既に4万ドルのストレッチゴールを達成し、Brightlyについて深く学べる教材「Brightly Academy」がアンロックされている。

photo

Brightlyは、パワフルなライトドライバー、フレキシブルなブレークアウトシステム、モバイル/デスクトップ向けアプリ、プロジェクト向けライトコレクションで構成されるツールキット。寝室の雰囲気作りやインタラクティブアート、ステージのライトエフェクトなど、LEDを使ったクリエイティブな創作に活用できる。

photo

独自のモジュラー型ブレークアウトシステムにより、さまざまな形や大きさのプロジェクトにフィット。「D•8」ブレークアウトにつなげるだけで直接ライトにパワーを供給したり、ロングレンジの「L•8」ブレークアウトでLEDやDMX対応照明機器を1000フィート(約305メートル)先まで延長したりできる。

photo

また開発元は、防塵防水規格IP66対応、5~24Vで稼働するアドレサブルLED照明機器やコンストラクションキットを提供する。Brightlyと組み合わせることで、ステージデザインやアートプロジェクト、野外フェスティバル、建築設備など活用範囲が広がる。

photo

ドライバーは、パラレルアウトプット×8から8000個以上のLEDの点灯や、数百のDMX対応照明機器の制御が可能。ArtNet、sACN、Open Pixel Controlなど48以上の照明ネットワークや、NeoPixelやDotstarなど30以上の5~12VアドレサブルLEDに対応する。大きさは86×55×35mmで、通信インターフェースはUSB-C、Bluetooth、Wi-Fi、Ethernetに対応する。ブレークアウトはD•8、L•8以外にも、エッジパワーで即時のスケーラビリティを提供する「R•4」の3タイプを用意している。

photo

モバイル/デスクトップ向けアプリは、Win/MacOS/Linux対応の「Brightly Control」とiOS/Android対応の「Brightly Remote」を提供する。デバイスやネットワークなど各種設定や、LEDの発光色やパターンの制御を簡単に行うことができる。

photo

Brightlyのベーシックキット(ドライバー、D•8、USBケーブル)の予定小売価格は275ドル(3万円)で、今なら数量限定の早割価格199ドル(2万1500円)で提供する。オプションで、各種ブレークアウトやLEDコレクション、コンストラクションキットを追加できる。2021年10月の出荷を予定しており、送料別で日本への出荷に対応する。

Brightlyは、2021年5月1日までクラウドファンディングを実施中。4月22日時点で、3万ドル(約320万円)の目標額を上回る約4万7000ドル(約520万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る