新しいものづくりがわかるメディア

RSS


建設用3Dプリンターを開発するPolyuse、8000万円の資金を新たに調達

Polyuseが開発する3Dプリンター(PolyuseのYouTubeより)

建設用3Dプリンターを開発するPolyuseは2021年4月21日、8000万円の資金調達を実施したと発表した。

Coral Capitalをリード投資家とし、STRIVE、池森ベンチャーサポート、吉村建設工業を引受先として総額8000万円の資金を調達する。

Polyuseは、建設業界が抱える課題をテクノロジーで解決することを目的に2019年に創業。建設用3Dプリンター事業はその主軸事業の1つだ。同業界における人材不足や工期の長期化、建設現場の安全性強化などの課題解決に向けて、これまで社内外での実証実験を実施してきたが、いよいよ同事業の事業化に向けて本格的に動き出した。

今回の調達した資金は、さらなる技術開発および開発チームの体制強化、開発環境の拡充などに投資するとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る