新しいものづくりがわかるメディア

RSS


信州スカイパークでICT機能搭載街路灯によるDXサービスの実証実験を実施

Secual、NECネッツエスアイ、ギガプライズ、TOY BOX 信州スカイパークサービスセンターは、信州スカイパークにICT機能を搭載した街路灯を設置し、取得データを活用したDXサービスの実証実験を2021年4月から2022年3月まで実施する。

photo

本実証実験は、街路灯にICT機能を搭載して、段階的な機能追加を行い、様々なデータを収集、分析、検証することで、来園者にとってより安心で安全、ホスピタリティがある環境を提供し、魅力あるまちづくりを実現するのが目的だ。

実証実験の内容は、街路灯内にあるネットワークカメラで公園内の状況をリアルタイムで撮影し、映像AI技術により侵入検知、滞留分析、属性分析を行い、公園内の防犯対策の強化。来園者の人数、滞留状況から混雑状態を検知し、感染症対策へ活用する。天候、季節、時間帯に合わせ照明の色を変更することにより、華やかな公園を演出。無線アクセスポイントによるフリーWi-Fiを設置し、来園者向けの通信環境を提供する。

photo

設置するICT機能を搭載した街路灯「Secual Smart Pole」は、直径139.8~216.3×地上高さ4000mm、重量131kg。LED照明街灯、RGBインジケータによる環境表示、セキュリティカメラ(Secual Cam Ady)、ビーコン受信機(Bluetooth LE)、Secualサーバとの通信(Ethernet or Wi-Fi)機能を備える。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  5. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  8. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  9. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る