新しいものづくりがわかるメディア

RSS


micro:bitをブレッドボードに接続——スイッチサイエンス「micro:bit用Flexible Connector」発売

スイッチサイエンスは、「micro:bit用Flexible Connector」を発売した。

photo

micro:bit用Flexible Connector は、micro:bitをブレッドボードで使えるようにする変換基板を備えたコネクターだ。基板上にバナナジャックが配置され、ブレッドボードに差しながらも、ワニ口クリップやバナナプラグが使える。

センサー用ピンヘッダに3.3V電源、GND、信号を6チャンネル分まとめてあるので、2.54mmの3pinピンソケットを使って、複数のセンサーに接続できる。安定用スペーサーが付属。micro:bitを特定の用途で使い続ける場合は、PHコネクタ(オプション)でハーネスを作成すれば、ロック機構のついたコネクタで、配線を固定できる。製品寸法は67.5×65mm(コネクタ類の突起物を除く)、許容電流は1.0Aだ。

本体に、マイクロビット用コネクター、バナナジャック、ブレッドボード用コネクター、センサー用ピンヘッダ、スペーサー、スペーサー用ねじが設置済みで、税込価格は880円だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  3. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  4. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  5. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  6. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  7. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」
  8. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る