新しいものづくりがわかるメディア

RSS


腕の動きで音楽を奏でる——リストバンド型ガジェット「Mictic」

腕の動きに合わせてさまざまなサウンドが出せるリストバンド型の電子楽器「Mictic」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

Micticは、内蔵センサーが腕の動きを読み取り、リアルタイムで音に変換できるウェアラブルデバイス。両手首に装着して、エアギターからダンスまで、誰でもパフォーマンスと音楽のコラボレーションが楽しめる。

photo

腕の動きはBluetoothを介してスマートフォンに転送され、専用アプリ内で好みの音に変換されて、スピーカーから流れる。専用アプリは、現在はiOS版のみだが、今後Androidにも対応予定だ。

photo

ギター、ドラム、チェロなど楽器の音色のほか、ヒップホップなどのダンスサウンド、ロボット調やカンフー調などエンタメ性の高い効果音も内蔵する。MIDIコントローラーとして使うこともできる。製品テストでは、60分以内にフル充電が完了し、4~5時間駆動しているという。

photo

Mictic×2、充電ケーブルをセットにした早割価格は89スイスフラン(約1万1000円)。出荷は2021年9月の予定で、日本への送料は18スイスフラン(約2100円)だ。

photo

Micticは、2021年5月11日までクラウドファンディングを実施中。4月30日時点で、1万スイスフラン(約118万円)の目標額を上回る約2万1600スイスフラン(約257万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 充電10分で約400km走行可能なEV向けリン酸鉄リチウム電池を開発——安全でコバルトを含まず低コスト
  2. 完全オフグリッドのコンテナハウスが登場——太陽光と風力で自家発電し雨水を生活用水に利用
  3. スイッチサイエンス、ピンのステータスをLEDで表示できる「Raspberry Pi用 GPIOスクリューターミナルHAT」を発売
  4. スイッチサイエンス、「M5Stack用DDSユニット」を発売
  5. プログラム初心者が「勉強しよう!」と思ったらすぐ始められる、「micro:bit basic」
  6. スイッチサイエンス、Arm Cortex-M0+搭載のArduino互換マイコン「Seeeduino XIAO」を発売
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. DMM.make AKIBA、工房機能を8月末に終了。今後はコワーキングスペース中心の運営に
  9. ラズパイでピザ窯制御——秋葉原にIoTピザ屋台「おとめし」が登場
  10. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る