新しいものづくりがわかるメディア

RSS


生体反応から感情を読み取る——バイオメトリクスセンシングシステム「EmotiBit」

ウェアラブルなバイオメトリクスセンシングシステム「EmotiBit」がKickstarterに登場し、12時間で目標額の調達に成功している。Adafruitの小型Arduino互換ボード「Feather」を活用した、オープンソースプロジェクトだ。

photo

EmotiBitは身体に装着し、16の生体反応を測定することで感情と健康状態を診断できる生体反応測定デバイス。データはリアルタイムで表示でき、生理現象についての学習や、ストレス、睡眠、運動データの把握、健康管理などに利用できる。

photo

EmotiBitボードのサイズは61×26.5×20mmで、心拍数や呼吸数、酸素飽和度などを測定するPPGセンサー、皮膚電位やガルバニック皮膚反応を測定するEDA/GSRセンサー、位置や姿勢、速度を測定する9軸慣性計測ユニット(IMU)、体温センサーなどを搭載。4カ所にストラップ取り付け用スロットを備える。

photo

使用方法は、まずEmotiBitボードをFeatherにスタックし、microSDカードを入れ電源を接続する。さらにデバイスを対象者の身体に装着し、Mac/PC/Linuxに対応対応のビジュアライザーを立ち上げれば各種データを見ることができる。データはSDカードに保存したり、LSL、OSC、TCPなどの通信プロトコルを介してストリーミングしたりできる。

photo

オープンソースでカスタマイズも自由にできる。独自のDIYプロジェクトや新たなパフォーマンスアートの演出などにも活用できる。ソースコードや3Dケースのデザインデータといった詳細な情報は、GitHubに公開している。

photo

EmotiBitの価格は199ドル(約2万1700円)で、Featherと400mAhバッテリー、microSDカードがセットになったアドオンを59ドル(約6400円)で提供する。2022年2月の出荷を予定しており、日本への送料は45ドル(約4900円)だ。

EmotiBit は、2021年5月14日までクラウドファンディングを実施中。5月6日時点で1万5000ドル(約163万円)の目標額を大きく上回る約8万5000ドル(約934万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. スイッチサイエンス、Raspberry Pi Pico用ディスプレイモジュール2種を発売
  4. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  5. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  6. 5G通信網を使ってスマホをワイヤレス充電——新しいミリ波ワイヤレス給電システムを開発
  7. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  8. 世界初の木製人工衛星が今年宇宙に
  9. ジョイスティックで動く小型ロボット犬「TiBeast」
  10. コガネイ、空気圧人工筋肉用コントローラー「PMCシリーズ」販売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る