新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチサイエンス、ピンのステータスをLEDで表示できる「Raspberry Pi用 GPIOスクリューターミナルHAT」を発売

スイッチサイエンスは2021年4月28日、「Raspberry Pi用 GPIOスクリューターミナルHAT」を販売開始した。

同基板はRaspberry Piの拡張用スクリューターミナルHAT(Hardware Attached on Top)で、ターミナル上部と側部のGPIOピンで情報を出力できる。

GPIOピンが正常に作動している場合、ターミナル右側にマトリクスで配置するLEDで各ピンのステータスを表示可能だ。LEDの表示色は変更可能なので、例えば5V電源のライトには赤、3.3Vにはピンク、特別な機能のGPIOピンにはダークブルー、通常の機能のピンにはライトブルーといった具合に色分けしておけばテスト中に確認しやすくなる。

Raspberry Piの対応モデルは「4 Model B」「zero」「zero W」「3 Model B Plus」「3 Model B」「2 Model B」「Model B+」。価格は2354円だ(税込)。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  3. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  4. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  5. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  6. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  7. 人体内で発電するカプセル型微生物燃料電池を開発
  8. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る