新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチサイエンス、ピンのステータスをLEDで表示できる「Raspberry Pi用 GPIOスクリューターミナルHAT」を発売

スイッチサイエンスは2021年4月28日、「Raspberry Pi用 GPIOスクリューターミナルHAT」を販売開始した。

同基板はRaspberry Piの拡張用スクリューターミナルHAT(Hardware Attached on Top)で、ターミナル上部と側部のGPIOピンで情報を出力できる。

GPIOピンが正常に作動している場合、ターミナル右側にマトリクスで配置するLEDで各ピンのステータスを表示可能だ。LEDの表示色は変更可能なので、例えば5V電源のライトには赤、3.3Vにはピンク、特別な機能のGPIOピンにはダークブルー、通常の機能のピンにはライトブルーといった具合に色分けしておけばテスト中に確認しやすくなる。

Raspberry Piの対応モデルは「4 Model B」「zero」「zero W」「3 Model B Plus」「3 Model B」「2 Model B」「Model B+」。価格は2354円だ(税込)。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  3. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  4. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  5. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  6. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  7. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」
  8. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る