新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチサイエンス、Arm Cortex-M0+搭載のArduino互換マイコン「Seeeduino XIAO」を発売

「Seeeduino XIAO」ピンヘッダ実装済みの製品(左)、未実装の製品(右)

スイッチサイエンスは2020年4月24日、「Seeeduino XIAO」を販売開始した。

同製品はSeeeduinoシリーズ最小でArm Cortex-M0+を搭載した低電力Arduino互換マイクロコントローラーだ。Arduinoウェアラブルデバイスや小型プロジェクトでの使用に適している。

製品寸法は20×17.5×3.5mmと小型ながら、GPIOピン14本(アナログ:11、デジタル:11、I2C:1、UART:1、SPI:1)を搭載。A1/D1~A10/D10ピンにはPWM機能、A0/D0ピンにはDACによるアナログ出力機能も備える。

給電とプログラムの送信にはUSB Type-Cコネクタを採用。基板裏面にはバッテリー搭載用の電源パッドもある。

同社はさらに2021年4月28日から、Seeeduino XIAO本体に2.54ピッチで長さが6mmのピンヘッダが実装された製品も販売している。「Seeeduino XIAO」単体名称のものは、ピンヘッダが実装されていない状態での納品になる。

スイッチサイエンスでの販売価格は594円で、ピンヘッダ実装済のものは759円だ(共に税込)。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 付録の真空管FMチューナーでラジオを聴けるムック本「電波受信が面白い!FMラジオの深層へ」
  2. 低電力ディスプレイを使うプロジェクトに最適——Raspberry Pi用電子ペーパーHAT「E-Paper HAT」
  3. 自作SSDで自作CPUを動かす——キオクシア「はたらくSSD」同人誌の店頭無料配布を開始
  4. コストを10分の1に——Raspberry Pi採用の簡易型地震計測システムを飛島建設が開発
  5. ラズパイでクラスタリング——Raspberry Pi 4 Compute Module対応4ノードクラスター「Turing Pi 2」
  6. 約100年前に初めて記述された乱流境界層を完全に数学的定式化——効率的なエンジンの開発や空気抵抗の最小化へ
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 手軽に高精度スキャンができる3Dスキャナー「Revopoint POP 2」がMakuakeに登場
  9. 音声コマンドでメール送信もできるRaspberry Pi用オーディオ拡張ボード「Audio Codec HAT」
  10. FabCafe Nagoya(愛知県名古屋市)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る