新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチサイエンス、Arm Cortex-M0+搭載のArduino互換マイコン「Seeeduino XIAO」を発売

「Seeeduino XIAO」ピンヘッダ実装済みの製品(左)、未実装の製品(右)

スイッチサイエンスは2020年4月24日、「Seeeduino XIAO」を販売開始した。

同製品はSeeeduinoシリーズ最小でArm Cortex-M0+を搭載した低電力Arduino互換マイクロコントローラーだ。Arduinoウェアラブルデバイスや小型プロジェクトでの使用に適している。

製品寸法は20×17.5×3.5mmと小型ながら、GPIOピン14本(アナログ:11、デジタル:11、I2C:1、UART:1、SPI:1)を搭載。A1/D1~A10/D10ピンにはPWM機能、A0/D0ピンにはDACによるアナログ出力機能も備える。

給電とプログラムの送信にはUSB Type-Cコネクタを採用。基板裏面にはバッテリー搭載用の電源パッドもある。

同社はさらに2021年4月28日から、Seeeduino XIAO本体に2.54ピッチで長さが6mmのピンヘッダが実装された製品も販売している。「Seeeduino XIAO」単体名称のものは、ピンヘッダが実装されていない状態での納品になる。

スイッチサイエンスでの販売価格は594円で、ピンヘッダ実装済のものは759円だ(共に税込)。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. スイッチサイエンス、Raspberry Pi Pico用ディスプレイモジュール2種を発売
  4. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  5. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  6. 5G通信網を使ってスマホをワイヤレス充電——新しいミリ波ワイヤレス給電システムを開発
  7. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  8. 世界初の木製人工衛星が今年宇宙に
  9. ジョイスティックで動く小型ロボット犬「TiBeast」
  10. コガネイ、空気圧人工筋肉用コントローラー「PMCシリーズ」販売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る