新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Google coralでTensorflow Liteを学ぶ——スペクトラムテクノロジー、 「はじめてのAIプログラム学習キット5(Coral版)」発売

スペクトラムテクノロジーは、「はじめてのAIプログラム学習キット5(Coral版)」を発売した。

photo

同製品は、第5世代の専用モデルとしてUSBアクセラレータGoogle coralとRaspberry Pi4 model Bを使い 、グーグル開発のディープラーニングソフトTensorflow lite、フェースブック開発のPytorch及びPythonの基礎を学習、体験できるキットだ。

photo

Tensorflow liteのガイドによるモデル選択、モデル変換、ディプロイ、最適化の4つの基本プロセスと、ポーズ推定、身体セグメンテーション、画像合成、キーワード認識ゲーム、高解像度画像作成などの応用例を学習できる。

photo

プラットフォームは、Edge TPUを体験できるRaspberry PiとCoral。サーバ側はColabを使ったTflite Converterだ。

photo

商品の内容は、Google coral、Raspberry Pi 4 model B、ケース(白、黒、透明から選択)、microSD 128GB、マニュアル、プログラム(Tensorflow lite,Python3.7搭載、colab)。なお、tensorflow v1,v2 ,js, pytorchは含まれない。

14日間の無料サポートが付属し、税込価格4万4千円だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  6. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. ラズパイでRFIDを使う——UHF帯RFID拡張ボード「UHF RFID」シリーズ
  10. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る