新しいものづくりがわかるメディア

RSS


XYZプリンティングジャパン、オープンレジン対応高性能光造形3Dプリンター「PartPro150xP」発売

XYZプリンティングジャパンは、日本市場に最適な材料開発を目的とし、高性能光造形3Dプリンター「PartPro150xP」をオープンレジン化し、台数限定で2021年5月10日に発売した。

photo

PartPro150xP は、150×150×200mmの造形エリアを有するSLA方式の3Dプリンター。同社によると、近年3Dプリンター市場における使用用途は多岐に渡り、同社純正3Dプリント材料のみで市場ニーズに全て対応することは困難になっている。オープンレジン化された3Dプリンターであれば他社製レジンも使用できるようになる。

photo オープンレジンを可能にする「スマートタグ」が付属する

販売価格は現行機種と同一の43万7800円(税込、送料別)とし、10台限定での発売だ。オープンレジンを可能にする「スマートタグ」が付属され、従来の純正レジンに加え、他社製の光造形用レジンが使用可能となる。

販売先は国内に拠点を構える化学メーカーを想定。PartPro150xPに対応したレジンの開発や、すでに販売されているレジンがPartPro150xPに合うかどうかを試し、将来的にはXYZ社純正材料として採用することも想定する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. スイッチサイエンス、Raspberry Pi Pico用ディスプレイモジュール2種を発売
  4. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  5. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  6. 5G通信網を使ってスマホをワイヤレス充電——新しいミリ波ワイヤレス給電システムを開発
  7. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  8. 世界初の木製人工衛星が今年宇宙に
  9. ジョイスティックで動く小型ロボット犬「TiBeast」
  10. コガネイ、空気圧人工筋肉用コントローラー「PMCシリーズ」販売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る