新しいものづくりがわかるメディア

RSS


独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「Jadelabo J1」

独立型デュアルエクストルーダー(IDEX)搭載の3Dプリンター「Jadelabo J1」がKickstarterに登場し、開始からわずか30分で目標額を達成するほど人気を集めている。

Jadelabo J1

Jadelabo J1は、独立した2つのエクストルーダーを備え、それぞれ別のフィラメントでプリントできるFFF方式デスクトップ3Dプリンター。同じ形状の造形物を異なる2色で同時にプリントしたり、TPUのように柔軟性のある材料と強度の高いPETGといった材料を組み合わせて造形したりするなど、さまざまな使い方ができる3Dプリンターだ。

Jadelabo J1

Jadelabo J1は、エクストルーダー1つのみ使うモードに加えて、IDEXを使う4つの造形モードを備えている。異なる2種類の材料でプリントする「マルチマテリアルモード」のほか、サポートを異なる材料でプリントする「サポートモード」、同じ造形物を2つ同時にプリントする「デュプリケーションモード」、上下対称または左右対称の造形物を2分割して両方同時にプリントする「ミラーモード」がある。

Jadelabo J1は開放型のデスクトップ3Dプリンターだが、ドア付きエンクロージャー型のモデルも用意されている。高温材料を使う場合や高い静粛性や安全性を必要とする場合は、エンクロージャー型モデルが推奨されている。

Jadelabo J1

Jadelabo J1の大きさは389×544×450mm。電源電圧は100~240Vで、消費電力は400Wだ。通常の造形サイズは210×320×200mmだが、デュプリケーションモードでは210×160×200mm、ミラーモードでは210×150×200mmだ。積層ピッチは50~300μm。プリントヘッドの移動速度は最大150mm/秒だ。

フィラメントは1.75mm径のPLA、PETG、ABS、ASA、TPU、PVA、PC、PAに対応。スライサーは「Jadelabo Cura」のほか、サードパーティー製品に対応する。サポートするOSはWindows、Mac、Linuxだ。対応ファイル形式はSTL、OBJ、3MF、AMF。Wi-FiまたはUSB経由で接続でき、USBメモリーも使える。

Jadelabo J1

Jadelabo J1の価格は通常モデルが779ドル(約8万5000円)、エンクロージャー型モデルは849ドル(約9万3000円)。出荷は2022年1月の予定で、日本への送料は89ドル(約9700円)だ。

Jadelabo J1は10万ドル(約1100万円)を目標に、2021年6月2日までクラウドファンディングを実施する。2021年5月14日時点で目標額を上回る約46万ドル(約5080万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 伝説の名機を小型化して技術情報公開を目指すオープンソースシンセサイザー「Profree-4」
  2. 一畳半からの製造販売——フィラメント職人Nature3Dの生存戦略
  3. イグアス、「3Dプリンター向け 仕上げ加工ツール」のオンライン販売開始
  4. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  5. キースイッチを完全自作——3Dプリンターで作るメカニカルキースイッチ「Void Switch」
  6. SHINING 3D、青色レーザーハンディー3Dスキャナー「FreeScan UE Pro」を発表
  7. 6時間以上、最長900km飛行可能な油圧駆動式の重量物運搬ドローン「Flowcopter」
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 第4回 ラズパイを使う準備って何をしたらいいですか
  10. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る