新しいものづくりがわかるメディア

RSS


インクジェットとレーザーの併せ技で微細かつスピーディー、エレファンテックの片面FPC新製品

エレファンテックは2021年5月13日、片面フレキシブル基板(FPC)の新製品「P-Flex PI」の受注を開始した。

同製品は、インクジェット技術にレーザー加工を併用して製作する、ポリイミド樹脂ベースの片面FPCである。

同製品の製作工程では、インクジェットにより銀ナノ粒子を印刷した後、さらにレーザー加工で一部の銀ナノ粒子を削り飛ばして、銀ナノ粒子をシードとして無電解銅めっきによって配線を形成する。

インクジェット印刷だけでは精度の追い込みが足りなかった個所をレーザーで追加工することで、「型レス」という利点はそのままで、高精細なパターン形成が量産に耐え得るスピードで実現できるとしている。一方、レーザー加工の難点であった加工スピードも、インクジェット印刷による前加工で克服している形である。

インクジェットとレーザーを併用して加工するイメージ インクジェットとレーザーを併用して加工するイメージ

従来製品では最小線幅と線間(L/S)が200/200μmまでであったところ、新製品では100/100μmまで対応可能になった。今後の改良で、50/50μmまで対応していく予定だ。

同製品は、従来品「P-Flex」と同様、インクジェット印刷で製造するため、エッチング工程が必要なく、銅の利用量が従来手法と比較して大幅削減できるため、環境負荷が低いことも特色だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. CAMPFIREに登場、国産3Dプリンター「Leee」の造形物の長さは「理論上は無限」
  4. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  5. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  6. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  7. ちっちゃい! 切手サイズの「Tiny2040 RP2040 開発ボード」、ケイエスワイが販売
  8. 64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」
  9. MIT、古文書を未開封のまま解読する手法を開発——300年前のセキュリティを解析
  10. 街中での使用に特化した小型の風力タービン——日照日数が少ない地域ではソーラーパネルより安価でより多く発電可能

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る