新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ロボットが作り出すアディダスのスポーツシューズ——糸の1本1本にアスリートのデータを反映

スポーツ用品メーカーのアディダスは2020年10月、アスリートの走行データを利用し、糸を1本単位で調整して形成したアッパーを使った新しいスポーツシューズ「FUTURECRAFT.STRUNG(フューチャークラフト ストラング)」を発表した。2022年中の一般発売を予定している。

FUTURECRAFT.STRUNGは、革新的な製品を作り出す「FUTURECRAFT(フューチャークラフト)」プロジェクトの一環として、アスリート、デザイナー、エンジニア、スポーツサイエンティストらが共同で開発したものだ。

モーションキャプチャなどを利用して、全方位からのアスリートの動き、スピード、持久力などさまざまなデータを取得。ヒール、中足部、トゥボックスには強度のある糸で適度なフィット感とサポート力を、前足部にはより柔らかい糸で屈曲性を持つように、異なる機能を組み合わせながら各糸の向きをプログラムする。

形状が決定したら、専用のSTRUNGロボットを使ってシームレスなアッパーに形成していく。同社はSTRUNGテキスタイルを「編み物でも織り物でもない、全く新しいテキスタイル」と位置付ける。さらに、ミッドソールには、独自の3Dプリント技術による「ADIDAS 4D」を使用した。

素材の無駄を省いて、軽量化と快適性を高めるとともに、最高のパフォーマンスを引き出せるスピードランナー向けのシューズとして提供する。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 最高速度マッハ5以上——DARPA、極超音速巡航ミサイルの飛行試験に成功
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. Raspberry Piを使った天気予報アナログ表示デバイス「Desktop Weather Display」
  4. 必要なモジュールだけ切り離して使える——Raspberry Pi Pico用開発キット「PicoBricks」
  5. 第5回 GPIOって何ですか? 機能や役割は?
  6. 第2世代の開発キット「M5Stack Core 2」、販売開始
  7. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  8. Raspberry Piを使って味わい深いデジタルトイカメラを作ってみた
  9. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る