新しいものづくりがわかるメディア

RSS


脳波を「フロー状態」にして生産性を高めるヘッドギア「Crown」

Neurosity/YouTube

目の前の活動に完全に没頭し、ポジティブに集中している心理状態を「フロー状態(flow state)」という。人はフロー状態にあるとき、高い生産性を発揮することができる。今回、着用者の脳波を分析しフロー状態に入ることを助けるウェアラブルデバイスがアメリカで開発された。

ニューヨークのブルックリンに本拠を置くNeurosityが開発した「Crown」は、8個のEEG(脳波計)センサーで着用者の脳波を検知し集中度、落ち着き度、運動量などの有意なスコアに変換することができるヘッドギア型のデバイスだ。CrownをスマートフォンとNFC接続し、専用アプリ「Neurosity Shift app」を使うことで、自分がいつ集中し、いつ落ち着いているか知ることができる。

また、専用アプリから自分のSpotifyアカウントに接続し、脳の活動に基づいて生産性の高まる楽曲を見つけたり、集中度に応じて通知機能を止めたり、落ち着き度に基づく気分に応じて照明を変えたりすることも可能だ。これらの機能が着用者をフロー状態へと導き、仕事の生産性や勉強の効率を高めることができる。

Crownの価格は899ドル。Shopify上に開設されたオンラインショップで購入できる。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  3. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  4. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  5. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  6. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  7. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」
  8. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る