新しいものづくりがわかるメディア

RSS


M5Stack Core2 for AWSで、AWS IoTの基本技術を学べるキットが発売

「はじめてのAWS IoT開発キット(M5 Core2版)」による血中酸素センサーの例

スペクトラム・テクノロジーが、「はじめてのAWS IoT開発キット(M5 Core2版)」を発売した。「M5Stack(M5) Core2 for AWS」を使って、AWS IoTの基本技術が習得できるキットだ。

はじめてのAWS IoT開発キットは、LED点灯や温度測定、AWS IoT接続、Alexa端末動作などのAWS IoTの基本プログラムをC++およびVisual Studio Codeを使って習得できる。

ArduinoとC++によるプログラミングで、AWS IoTと換気センサー、血中酸素センサーを連動する仕組みが作れる「AWS IoT実践プログラム」もオプションとして提供。キットを完成させると、CO2センサーやパルスオキシメーターとして利用できる。

製品の全体構成 製品の全体構成

同キットによって、センサーやマイコン、Arduino、IDE開発ツール、C++プログラムなどのマイコンプログラミングに関する一連のスキルが習得可能だ。AWS IoT初心者や「M5Stack(M5) Core2」やマイコン開発を始めようとしている人などが対象となっている。

M5 Core2本体にプログラムおよびマニュアルを同梱し、価格は2万2000円(税込)。14日間無料サポートが付く。

オプションの換気センサー(プログラム、マニュアル付き)は1万4300円、血中酸素センサーが1万6500円(同上、いずれも税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 伝説の名機を小型化して技術情報公開を目指すオープンソースシンセサイザー「Profree-4」
  2. 一畳半からの製造販売——フィラメント職人Nature3Dの生存戦略
  3. イグアス、「3Dプリンター向け 仕上げ加工ツール」のオンライン販売開始
  4. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  5. キースイッチを完全自作——3Dプリンターで作るメカニカルキースイッチ「Void Switch」
  6. SHINING 3D、青色レーザーハンディー3Dスキャナー「FreeScan UE Pro」を発表
  7. 6時間以上、最長900km飛行可能な油圧駆動式の重量物運搬ドローン「Flowcopter」
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 第4回 ラズパイを使う準備って何をしたらいいですか
  10. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る