新しいものづくりがわかるメディア

RSS


STEM教材が毎月届く——科学実験サブスクリプションサービス「Groovy Lab in a BOX」

アメリカ発の科学実験サブスクリプションサービス「Groovy Lab in a BOX」が国内でサービスを開始する。

photo

同サービスは、世界の科学者と同じエンジニアリング設計プロセスに基づき、楽しみながら学ぶことができるSTEM教育向け疑似体験キットだ。

毎月特定のテーマに基づいた教材が届き、実際に自分の手を動かして実験と試行錯誤を繰り返して、エンジニアとしてのものづくりの楽しさを体験できる。具体的には電気が働く仕組みや音が出る仕組み、力学の原理や振動工学などがテーマとなる。

photo
photo

アメリカの科学者や専門家が開発した独自のSTEM教材であることや、ナビゲート動画を見ながら体験学習できることなどが特徴だ。また、世界の科学情報が掲載されているサイト「Beyond」へのアクセス権も供与され、そこで毎月のテーマと実社会の関連を学ぶことができる。

価格は毎月届く定期契約が月額2980円、単品の購入が3980円(いずれも税込)となる。

同サービスは、STEAMS LAB JAPANがAcademics In A Boxとライセンス独占契約を締結し、国内でサービス展開する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  4. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  5. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 80mm/s以上でも安定した造形——Anycubic、FFF方式3Dプリンター「Kobra Plus」発表
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. システムクリエイト、デスクトップで軽金属を切削できる「BANTAM TOOLS 卓上CNCフライス盤」を発売
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る