新しいものづくりがわかるメディア

RSS


人間の皮膚を模した触覚センサー、UCバークレーが開発

Arduino財団は2021年5月20日、カリフォルニア大学バークレー校の機械工学科のチームが開発した触覚センサーについて発表した。

この触覚センサーの最大の特徴は、人間の皮膚を模した二層構造を採用していることだ。接触力を検知する1層目は導電性生地(綿95%、スパンデックス5%)、接触位置を検知する2層目は4つの小型導電性ゴムで構成されている。

研究チームは人間の皮膚にマイスナー小体やパチニ小体、メルケル細胞などの受容体があることにヒントを得て、皮膚を模した二層構造の構想に至ったと説明している。

信号の処理とデータの分析にはArduinoチップを使用している。得られた信号は非常にノイズが多いため、元データの読み込み後、ノイズ除去のためにフィルタリング手法を適用し、さらに機械学習による回帰モデルを作成し、検出能力を調整している。

Google Driveで公開されている動画では、精度と堅牢性を示す実験について公開されている。設計されたセンサーについて、論文ではロボットアームのグリッパー(50×50×8mmサイズ)に収まることを最終目標としている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. CAMPFIREに登場、国産3Dプリンター「Leee」の造形物の長さは「理論上は無限」
  4. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  5. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  6. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  7. ちっちゃい! 切手サイズの「Tiny2040 RP2040 開発ボード」、ケイエスワイが販売
  8. 64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」
  9. MIT、古文書を未開封のまま解読する手法を開発——300年前のセキュリティを解析
  10. 街中での使用に特化した小型の風力タービン——日照日数が少ない地域ではソーラーパネルより安価でより多く発電可能

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る