新しいものづくりがわかるメディア

RSS


人間の皮膚を模した触覚センサー、UCバークレーが開発

Arduino財団は2021年5月20日、カリフォルニア大学バークレー校の機械工学科のチームが開発した触覚センサーについて発表した。

この触覚センサーの最大の特徴は、人間の皮膚を模した二層構造を採用していることだ。接触力を検知する1層目は導電性生地(綿95%、スパンデックス5%)、接触位置を検知する2層目は4つの小型導電性ゴムで構成されている。

研究チームは人間の皮膚にマイスナー小体やパチニ小体、メルケル細胞などの受容体があることにヒントを得て、皮膚を模した二層構造の構想に至ったと説明している。

信号の処理とデータの分析にはArduinoチップを使用している。得られた信号は非常にノイズが多いため、元データの読み込み後、ノイズ除去のためにフィルタリング手法を適用し、さらに機械学習による回帰モデルを作成し、検出能力を調整している。

Google Driveで公開されている動画では、精度と堅牢性を示す実験について公開されている。設計されたセンサーについて、論文ではロボットアームのグリッパー(50×50×8mmサイズ)に収まることを最終目標としている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 伝説の名機を小型化して技術情報公開を目指すオープンソースシンセサイザー「Profree-4」
  2. 一畳半からの製造販売——フィラメント職人Nature3Dの生存戦略
  3. イグアス、「3Dプリンター向け 仕上げ加工ツール」のオンライン販売開始
  4. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  5. キースイッチを完全自作——3Dプリンターで作るメカニカルキースイッチ「Void Switch」
  6. SHINING 3D、青色レーザーハンディー3Dスキャナー「FreeScan UE Pro」を発表
  7. 6時間以上、最長900km飛行可能な油圧駆動式の重量物運搬ドローン「Flowcopter」
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 第4回 ラズパイを使う準備って何をしたらいいですか
  10. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る