新しいものづくりがわかるメディア

RSS


世界初の木製人工衛星が今年宇宙に

木造の人工衛星を宇宙へ送る計画が進行中だ。フィンランドのUPM Plywood、Arctic Astronautics、Huldの3社は共同で、木造衛星「WISA WOODSAT」を2021年末までに地球の軌道へ打ち上げると発表した。

WISA WOODSATは、大きさ1U(10×10×10cm)、重さ約1kgの「CubeSat」衛星だ。材質は白樺合板で、教育用人工衛星「Kitsat」をベースに、フィンランドで設計、製作された。

WISA WOODSATのミッションは、宇宙構造物に木材を使うことの評価を目的とし、過酷な温度、真空、宇宙線下での合板の挙動と耐久性に関するデータを収集することだ。このため、搭載される2台のカメラは地球や宇宙空間ではなく、白樺合板の状態をモニターするようになっている。カメラの1台は衛星の外観を撮るように、展開可能なブームに取り付けられる。欧州宇宙機関の宇宙材料研究所も、このミッションのために新しいセンサーを提供する予定だ。これらは9つの小型太陽電池によって駆動される。

WISA WOODSATは、2021年秋にRocket Labの「Electron」ロケットを使い、ニュージーランドのマヒア半島にある発射施設から打ち上げられる予定だ。Electronは再利用可能な小型衛星打ち上げ用ロケット。これまでに19回打ち上げられ、104個の人工衛星の軌道投入に成功している。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  5. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  6. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  7. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  8. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る