新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ゲームAIのノウハウを活用したドローン自律航行システム——會澤高圧コンクリートとハニカムラボが開発を開始

Japan Drone 2021での展示ブースイメージ

會澤高圧コンクリートとハニカムラボは2021年6月11日、ゲームAIのノウハウを活用したドローン自律航行システムの開発を開始したと発表した。

3Dゲーム開発において、敵キャラクターやNPC(ノンプレイヤーキャラクター)の行動を決定するための思考ロジックは、地形の状況や障害物を検知し、避けたり利用するようなアルゴリズムを生み出したり組み合わせたりする手法で開発される。

同システムの経路探索や思考ロジックにおいても、それらの手法やノウハウを活用して開発が進められている。現実世界において障害物となる建物などの地形情報を全く同じ形状でデジタルデータ化(デジタルツイン)し、ドローンAIがデジタルツイン上の障害物を避けるような安全な航行ルートを自律的に作成し利用する。

また、2021年6月14日~16日に千葉・幕張メッセで開催される「Japan Drone 2021|第6回 -Expo for Commercial UAS market-」において、同システムのプロトタイプ版を、ホログラフィックコンピューター「Microsoft HoloLens 2」によるMR技術と組み合わせて表現したインタラクティブ展示を実施する。

来場者がブース内に置かれているビルの模型を移動させると、デジタルツインデータも随時更新され、これを安全に避ける航行ルートを演算、更新し続ける。MRで表示されたドローンはシステムにより作成されたルートを利用し、現実世界に置かれたビル群を避けながら自動航行を続ける仕組みだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piを搭載しRTK-GPS測位で正確に芝刈りできる自動ロボット芝刈り機「OpenMower」
  2. 好奇心とエラーが生んだ極彩色の3Dプリント——「積彩」が求める未知の驚き
  3. クラウドベースIDEを使いFPGAの基礎から応用まで学べるFPGAボード「STEPFPGA」
  4. そうめんの空箱とラズパイで昭和のゲームを作る
  5. Pi Zeroがクアッドコアに進化——「Raspberry Pi Zero 2 W」発売
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. オープンソースの3Dプリント技術を守ろう——特許出願の再審査を求めるためクラウドファンディングを開始
  8. CQ出版、GPUプログラミング入門を特集した「Interface 2022年8月号」を発売
  9. 日本3Dプリンター、0.02mm精度の3Dスキャナー「FreeScan UE Pro」発売
  10. 加工エリアは無限大——折り畳み可能なポータブルレーザー加工機「Optic」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る