新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ゲームAIのノウハウを活用したドローン自律航行システム——會澤高圧コンクリートとハニカムラボが開発を開始

Japan Drone 2021での展示ブースイメージ

會澤高圧コンクリートとハニカムラボは2021年6月11日、ゲームAIのノウハウを活用したドローン自律航行システムの開発を開始したと発表した。

3Dゲーム開発において、敵キャラクターやNPC(ノンプレイヤーキャラクター)の行動を決定するための思考ロジックは、地形の状況や障害物を検知し、避けたり利用するようなアルゴリズムを生み出したり組み合わせたりする手法で開発される。

同システムの経路探索や思考ロジックにおいても、それらの手法やノウハウを活用して開発が進められている。現実世界において障害物となる建物などの地形情報を全く同じ形状でデジタルデータ化(デジタルツイン)し、ドローンAIがデジタルツイン上の障害物を避けるような安全な航行ルートを自律的に作成し利用する。

また、2021年6月14日~16日に千葉・幕張メッセで開催される「Japan Drone 2021|第6回 -Expo for Commercial UAS market-」において、同システムのプロトタイプ版を、ホログラフィックコンピューター「Microsoft HoloLens 2」によるMR技術と組み合わせて表現したインタラクティブ展示を実施する。

来場者がブース内に置かれているビルの模型を移動させると、デジタルツインデータも随時更新され、これを安全に避ける航行ルートを演算、更新し続ける。MRで表示されたドローンはシステムにより作成されたルートを利用し、現実世界に置かれたビル群を避けながら自動航行を続ける仕組みだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビルを巨大な電池に変える——再生可能エネルギーを蓄えるセメントベースのバッテリーを開発
  2. Raspberry Piで画像認識AIを作る——機械学習開発キット「Microsoft Machine Learning Kit for Lobe」
  3. Raspberry PiでLEDを自動監視——TOKAIコミュニケーションズ「LED 監視自動化サービス」提供開始
  4. エネルギー損失なく海水から飲料水を生成できる蒸発装置が登場——水資源に恵まれない地域の水問題を解決
  5. 造形速度毎秒250mm——サンステラ、FFF方式3Dプリンター「Creality 3D Ender-7」発売
  6. スイッチサイエンス、冷却効果に優れる「Raspberry Pi 4用 デュアルファン アルミケース」を発売
  7. Markforged、新型3Dプリンター「FX20」の発表を予告
  8. 3Dプリンターと大判プリンターでオリジナルのテントをつくる
  9. お手頃価格なのに業務用レベルの3Dスキャナー「Sense Pro+」が登場
  10. スイッチサイエンスが「Pico Explorer Base」などRaspberry Pi Pico関連3製品を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る