新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ゲームAIのノウハウを活用したドローン自律航行システム——會澤高圧コンクリートとハニカムラボが開発を開始

Japan Drone 2021での展示ブースイメージ

會澤高圧コンクリートとハニカムラボは2021年6月11日、ゲームAIのノウハウを活用したドローン自律航行システムの開発を開始したと発表した。

3Dゲーム開発において、敵キャラクターやNPC(ノンプレイヤーキャラクター)の行動を決定するための思考ロジックは、地形の状況や障害物を検知し、避けたり利用するようなアルゴリズムを生み出したり組み合わせたりする手法で開発される。

同システムの経路探索や思考ロジックにおいても、それらの手法やノウハウを活用して開発が進められている。現実世界において障害物となる建物などの地形情報を全く同じ形状でデジタルデータ化(デジタルツイン)し、ドローンAIがデジタルツイン上の障害物を避けるような安全な航行ルートを自律的に作成し利用する。

また、2021年6月14日~16日に千葉・幕張メッセで開催される「Japan Drone 2021|第6回 -Expo for Commercial UAS market-」において、同システムのプロトタイプ版を、ホログラフィックコンピューター「Microsoft HoloLens 2」によるMR技術と組み合わせて表現したインタラクティブ展示を実施する。

来場者がブース内に置かれているビルの模型を移動させると、デジタルツインデータも随時更新され、これを安全に避ける航行ルートを演算、更新し続ける。MRで表示されたドローンはシステムにより作成されたルートを利用し、現実世界に置かれたビル群を避けながら自動航行を続ける仕組みだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る