新しいものづくりがわかるメディア

RSS


お湯だけで堆肥化できる生分解性プラスチックを開発

UC Berkeley photo by Ting Xu

カリフォルニア大学バークレー校の研究チームは、水と熱だけで簡単に堆肥化できるプラスチックを開発した。特殊加工した酵素を組み込むことで、通常は日用品として使用可能で、使用後に温水につけると数日後には分子レベルにまで分解される。研究結果は、2021年4月21日付けで『Nature』に掲載されている。

プラスチックごみ問題の解決策として、近年さまざまな生分解性プラスチックが開発されているが、専用の装置でないと短期間で分解するのは難しい。今回研究チームは、プラスチックの製造段階でポリエステル分解酵素を混ぜ込むことで、簡単に堆肥化を可能にした。ただし、酵素がすぐにプラスチックを分解し始めないように、過去に開発したランダムヘテロポリマー(RHP)で酵素を包むことで、プラスチックの特性は変えずに、日用品として使えるようにしている。例えば、この変性ポリエステル繊維で作ったシャツは、汗をかいても冷水で洗濯しても大丈夫だという。

処分するときは、水と少しの熱を加えるだけで良い。実験では、40℃の水に浸けたポリエステルの一種PCL(ポリカプロラクトン)が、36時間でほぼ完全に分解していた。堆肥に混ぜたPLA(ポリ乳酸)も、1週間で大部分が分解された。

プラスチックの最大98%が小さい分子へ分解されるため、海洋汚染の原因となるマイクロプラスチックが生まれる心配もないという。この技術は、衣類や靴、電子機器など、さまざまな物のリサイクルのカギになるとしている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  4. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  5. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 80mm/s以上でも安定した造形——Anycubic、FFF方式3Dプリンター「Kobra Plus」発表
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. システムクリエイト、デスクトップで軽金属を切削できる「BANTAM TOOLS 卓上CNCフライス盤」を発売
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る