新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ArduinoかRaspberry Piか——心拍がモニターできるマイコンボード「Sleep Keeper」と「Portable Raspberry Pico Pal」

心拍モニター基板として使える、Arduino互換の「Sleep Keeper」とRaspberry Picoボード搭載の「Portable Raspberry Pico Pal」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

どちらも心拍や光、音、温度、動きを検出する機能は共通だが、Sleep KeeperがSDデータロガーとして利用できるのに対し、Portable Raspberry Pico Palは教育ツールまたは拡張ボードとして利用できる。

photo

Sleep Keeperは、ATMEGA328マイコン、マイク、光センサーをはじめ、温度センサー付きDS3231 RTC、PIRモーションセンサー用ヘッダ、データ保存用のSDカードソケットなどを搭載。指先型の心拍センサーを使えば、いつでも心拍数を計測できる。豊富な音声ライブラリーとミニスピーカー、サンプルコードを使用して、いびきをかいた時に寝返りを促すアプリとしても使える。

photo

Portable Raspberry Pico Palは、RP2040マイコン、264KBのSRAM、2MBのフラッシュメモリを搭載し、マイクやセンサー類はSleep Keeperと同じだ。電源はUSBのほか、単3電池3本で駆動できるので持ち運びが可能。開発言語はMicropythonで、Thonny Python IDEとサンプルコードを提供する。

価格は、それぞれ89カナダドル(約8000円)で、日本への送料は14カナダドル(約1300円)。出荷は2021年6月の予定だ。2021年6月20日までクラウドファンディングを実施中で、6月16日時点では、4000カナダドル(約36万円)の目標額を上回る約7480カナダドル(約67万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  3. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  4. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  5. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  6. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  7. 人体内で発電するカプセル型微生物燃料電池を開発
  8. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る