新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Edge Impulse、機械学習開発プラットフォームのRaspberry Pi 4正式対応を発表

エッジデバイス向け機械学習開発プラットフォームを提供する「Edge Impulse」は、Raspberry Pi 4を正式にサポートすることを発表した。

Edge Impulseは、AI機能を実装するエッジデバイス(エッジAIデバイス)として、スマートフォンのほか、「NVIDIA Jetson Nano」、「Arduino Nano 33 BLE Sense」などをサポートしている。Edge Impulseは、Raspberry Pi 4に正式対応することで組み込みLinux領域への進出を果たしたとしている。

ユーザーはRaspberry Pi 4に「edge-impulse-linux」クライアントをインストールし、Edge Impulseに接続して機械学習モデルを作成したり、Raspberry Pi 4上で機械学習モデルを利用したりできるようになる。

Edge Impulse

Edge ImpulseのドキュメントWebサイト内にあるRaspberry Pi 4向けガイドには、音声応答、音声認識、画像分類、物体検出といった4つのチュートリアル付モデルが用意されている。例えば、物体検出のチュートリアルでは、照明器具とコーヒーカップの認識を例に挙げ、トレーニングデータの収集とラベリング、ニューラルネットワークのトレーニング、エッジデバイスへの展開と実行などの手順を詳しく説明している。

また、Linux用SDKとNode.js/Python/Go/C++のサンプルプログラムも用意されており、センサー類を接続することも可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. PCは酒で冷やせ——「イエーガーマイスター」を冷却水に使った自作PC
  2. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  3. ラズパイでプレイ中のアルバムアートを表示——Raspberry Piを使った64×64LEDマトリックスディスプレイ
  4. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」
  5. M5Stackでキーボードを作る——遊舎工房、自作キーボードキット「AZ-M5ortho」発売
  6. コンパクトながら高性能——デスクトップ型5W/10Wレーザー加工機「xTool D1」
  7. メカトラックス、Raspberry Pi防塵防水IoTゲートウェイ「Pi-protect」を発売
  8. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  9. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  10. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る