新しいものづくりがわかるメディア

RSS


歩行速度を40%向上させる足首用外骨格型パワードスーツを開発 スタンフォード大

Image credit: Farrin Abbott

スタンフォード大学の研究チームは、足首に装着する外骨格型のパワードスーツを開発し、機械学習により最適化することで、人の歩行速度が約40%向上することを実験で確認した。将来的に高齢者の歩行速度の回復に役立つ可能性がある研究で、研究成果は『IEEE Transactions on Neural Systems and Rehabilitation Engineering』に2021年4月20日付で公開されている。

この外骨格型パワードスーツは研究チームが開発したプロトタイプで、靴とすねに装着し、外部モーターによりパワードスーツ背面のストラップを引き上げるものだ。ストラップはアルゴリズムで制御されており、かかとを引き上げ、つま先を下に向けることで、装着者が地面を蹴り出す手助けをする。

歩行速度向上の検証実験では、健康な若者の被験者10人が、パワードスーツを装着し、5つの異なる条件下で、トレッドミル上を自分のペースで歩行した。各条件は、パワードスーツ無し、パワードスーツを装着しているがオフにしている状態、パワードスーツを速度に最適化したモード、パワードスーツを消費エネルギーに最適化したモード、パワードスーツをゆっくり歩くように調節したモードだ。速度最適化は、Human in the loop(人間参加型)機械学習により行い、被験者が歩きながらパワードスーツの設定を繰り返した。最適な動作モードを見つけるまでに約150回の調整を行い、1人あたり約2時間を費やした。

検証の結果、速度最適化したパワードスーツを装着すると、パワードスーツ無しと比べて、平均して42%速く歩けることが分かった。また、エネルギー消費量も、個人差が多いものの1mの歩行あたり平均で約2%削減した。消費エネルギーに最適化したモードでは、エネルギー消費は減少したものの歩く速度はそれほど速くならなかった。

研究チームは今後、高齢者を対象とした検証実験や、装着感向上のためのデザイン改善などを予定している。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る