新しいものづくりがわかるメディア

RSS


駒の動きを自動でセンシング——ウッドフレームのデジタルチェスセット「CHESSNUT AIR」

手頃な価格ながら高機能のデジタルチェスセット「CHESSNUT AIR」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

木製フレームとプラスチック駒がセットになったCHESSNUT AIRは、見た目は普通のチェス盤と変わらないが、駒に内蔵したチップが盤上の位置を素早く認識し、普通のチェスのように駒を動かすだけで、データとして反映されるデジタルチェスだ。オフラインでのリアル対局(OTB)に加え、専用アプリと接続してオンライン対戦機能やAI学習も楽しめる。

photo

専用アプリは、Windows、macOS、Android、iOSに対応し、USBまたはBluetoothで接続する。ゲームのライブ配信、AIを使ったラーニング機能、棋譜の分析機能も搭載する。本体には20ゲーム分のOTBチェスの動きが保存できる。

photo

オンラインで世界中のプレーヤーと対戦でき、相手の動きは盤上のLEDインジケーターにも反映される。ポピュラーなチェスサイト「Lichess」に対応するが、「Chess.com」はサイト側のAPI開示次第だが今後のアップデートで対応するとのこと。

photo

通常のプレイに加え、早指し(ブリッツ/ブレット)や、初期配置が毎回異なるチェス960(フィッシャーランダム)も楽しめる。ボードの大きさは330×330×18mm、重さは約1.5kg、キングの高さは68mm。1回のUSB充電で約10時間駆動する。

photo

早割価格は919香港ドル(約1万3000円)。出荷は2021年10月の予定で、日本への送料は599香港ドル(約8500円)だ。

CHESSNUT AIRは、2021年6月27日までクラウドファンディングを実施中。6月23日時点で、23万3089香港ドル(約332万円)の目標額を上回る約52万香港ドル(約740万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 付録の真空管FMチューナーでラジオを聴けるムック本「電波受信が面白い!FMラジオの深層へ」
  2. 低電力ディスプレイを使うプロジェクトに最適——Raspberry Pi用電子ペーパーHAT「E-Paper HAT」
  3. 自作SSDで自作CPUを動かす——キオクシア「はたらくSSD」同人誌の店頭無料配布を開始
  4. コストを10分の1に——Raspberry Pi採用の簡易型地震計測システムを飛島建設が開発
  5. ラズパイでクラスタリング——Raspberry Pi 4 Compute Module対応4ノードクラスター「Turing Pi 2」
  6. 約100年前に初めて記述された乱流境界層を完全に数学的定式化——効率的なエンジンの開発や空気抵抗の最小化へ
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 手軽に高精度スキャンができる3Dスキャナー「Revopoint POP 2」がMakuakeに登場
  9. 音声コマンドでメール送信もできるRaspberry Pi用オーディオ拡張ボード「Audio Codec HAT」
  10. FabCafe Nagoya(愛知県名古屋市)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る