新しいものづくりがわかるメディア

RSS


慶應大SFC研究所、3Dプリンター製筋肉注射練習モデルの設計データを特設サイトに公開

手技確認時のイメージ写真のため、手袋の着用は省略している。

慶應義塾大学看護医療学部の宮川祥子准教授らは、3Dプリンター製筋肉注射練習モデルの設計データおよび作成方法/使用方法に関する説明書を特設サイトに公開した。

この取り組みは、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の研究成果展開事業「センター・オブ・イノベーション(COI)プログラム」の支援により実施されている「COIファブ地球社会創造拠点」の研究の一部として実施された。

新型コロナウイルス感染症のワクチン供給と併せて、課題となっているのが注射の打ち手の確保だ。現在看護の仕事に就いていない潜在看護師が打ち手として有望視されている一方で、長期間臨床現場から離れた看護師にとっては、準備なしにワクチン接種業務に従事することが業務への障壁になりえる。これらのことから、同大はワクチン接種のための手技を再確認できる実技練習環境を整えることが課題と考え、今回の公開へとつながった。

今回開発した3Dプリンター製筋肉注射練習モデルは一般販売されている3Dプリンターで出力可能で、実際に肩峰に触れて注射部位を確認し、針を刺して液を注入できる。

3Dの設計データは無償で改変も許可されており、大学や企業、市民ラボなどの3Dプリンターを備えた施設で自由に製造/配布/販売できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る