新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ロボットで科学、数学、プログラミングを学ぶ——SB C&S「mBotスタートガイドセット」発売

SB C&Sは、初等中等教育におけるプログラミング教育とSTEM教育のための入門ロボット「mBot(エムボット)」に、同社オリジナルのスタートガイドをセットにした「mBotスタートガイドセット」を2021年7月12日に、SoftBank SELECTIONオンラインショップとAmazonで発売する。

photo

MakeblockのmBotは、約30分で組み立てが完了する、初心者向けロボットだ。「mBlock」というScratch2.0をベースにしたビジュアルプログラミングアプリケーションを使い、ドラッグ&ドロップでプログラムを組んでコントロールすることができる。機能拡張パックを追加することにより、多種多様な機能をもったロボットにアップグレードできる。

photo

購入してすぐに学ぶことができるオリジナル学習教材「楽しいプログラミング!mBotスタートガイド」を取り入れることで、プログラミングをより身近に感じながら学習を進めることができる。

photo

学習内容は、「プログラムの基本」から「センサーなどを使った応用的なプログラミング」などが学べる8つのレッスンに分かれている。モーターが回転する仕組み、摩擦、色と光の関係などについても学習でき、画面上のプログラミングにとどまらない「ものの仕組み」や「自然の法則」など広く学ぶことができる。

photo

製品構成は、mBot、22種類のパーツ、ライントレースマップ、公式ガイドブック、取扱説明書。対象年齢は8歳からとなる。価格はオープン価格で、SoftBank SELECTION オンラインショップでの税込価格は1万6500円だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  5. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  8. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  9. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る