新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチサイエンスが「Maker Pi RP2040」を発売

スイッチサイエンスは2021年7月15日に「Maker Pi RP2040」の販売を開始した。

同製品は、Raspberry Piが設計したマイクロコントローラー「RP2040」をロボット制御ボードに組み込んだ製品だ。

デュアルチャネルDCモータードライバー、サーボモーターポート×4、Grove I/Oコネクター×7を搭載。モータードライバーは定格3.6~6V、チャンネル当たり最大1Aの連続電流で、ブラシ付DCモーター2台、もしくはユニポーラ/バイポーラステッピングモーター1台を制御可能だ。また、内蔵のクイックテストボタンとモーター出力LEDを使用することで、モータードライバーの機能テストを実行できる。

給電方法はmicroUSBソケット(5V)、1セルLiPo/Li-Ionバッテリー、もしくはVIN端子(3.6~6V)の3通りから選べる。電源からの給電はボードに搭載された電源スイッチで全て制御可能だ。

また、Raspberry Pi Picoと互換性を有しており、Pico用に開発されたソフトウェアやファームウェア、ライブラリは同製品でもシームレスに動作する。

価格は1254円(税込)で、Grove/ピンソケットケーブル4本と、ミニドライバー、シリコンゴム製脚(4個入り)が付属する。スイッチサイエンスの製品ページではデータシートなどの資料をダウンロード可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  2. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  3. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  4. ラズパイでプレイ中のアルバムアートを表示——Raspberry Piを使った64×64LEDマトリックスディスプレイ
  5. M5Stackでキーボードを作る——遊舎工房、自作キーボードキット「AZ-M5ortho」発売
  6. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」
  7. コンパクトながら高性能——デスクトップ型5W/10Wレーザー加工機「xTool D1」
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  10. ATCやバキュームも搭載——4軸対応デスクトップCNC加工機「Carvera」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る