新しいものづくりがわかるメディア

RSS


実機を使ってROS開発を学ぶ——アールティ、E-learning教材「ROS入門・ロボット拡張パック」発売

アールティが、ロボット実機を使ってROS開発の基礎から学習できるE-learning教材「ROS入門・ロボット拡張パック」(Level3)を発売した。

photo

同社ではロボットエンジニア育成のための教材の開発や研修などを実施しているが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、E-learning教材の需要が高まってきたという。そこで2020年10月に第1弾として、車輪型ロボット「Raspberry Pi Mouse V3」を題材にして車輪型ロボットのセットアップから制御の基礎が学べる「Raspberry Pi Mouse V3入門パック」(Level1~2)を発売した。

photo

今回新たに発売したROS入門・ロボット拡張パックはその続編にあたり、ROSを活用して現実世界の情報を取得しながら動かす開発を始めるための講習となる。

photo

具体的には、ROS導入のための環境構築から始まり、ROSを使った車輪型ロボットの基本的な制御方法、さらに別売のオプションキットやカメラ、測域センサーを使った拡張方法などについて解説する。入門パックのLevel1から系統的に学習できる構成になっているが、学習者のレベルにより今回のLevel3から始めても問題ないという。

価格は1人あたり3万3000円(税込、アカデミック価格あり)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビルを巨大な電池に変える——再生可能エネルギーを蓄えるセメントベースのバッテリーを開発
  2. Raspberry Piで画像認識AIを作る——機械学習開発キット「Microsoft Machine Learning Kit for Lobe」
  3. Raspberry PiでLEDを自動監視——TOKAIコミュニケーションズ「LED 監視自動化サービス」提供開始
  4. エネルギー損失なく海水から飲料水を生成できる蒸発装置が登場——水資源に恵まれない地域の水問題を解決
  5. 造形速度毎秒250mm——サンステラ、FFF方式3Dプリンター「Creality 3D Ender-7」発売
  6. スイッチサイエンス、冷却効果に優れる「Raspberry Pi 4用 デュアルファン アルミケース」を発売
  7. Markforged、新型3Dプリンター「FX20」の発表を予告
  8. 3Dプリンターと大判プリンターでオリジナルのテントをつくる
  9. お手頃価格なのに業務用レベルの3Dスキャナー「Sense Pro+」が登場
  10. スイッチサイエンスが「Pico Explorer Base」などRaspberry Pi Pico関連3製品を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る