新しいものづくりがわかるメディア

RSS


実機を使ってROS開発を学ぶ——アールティ、E-learning教材「ROS入門・ロボット拡張パック」発売

アールティが、ロボット実機を使ってROS開発の基礎から学習できるE-learning教材「ROS入門・ロボット拡張パック」(Level3)を発売した。

photo

同社ではロボットエンジニア育成のための教材の開発や研修などを実施しているが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、E-learning教材の需要が高まってきたという。そこで2020年10月に第1弾として、車輪型ロボット「Raspberry Pi Mouse V3」を題材にして車輪型ロボットのセットアップから制御の基礎が学べる「Raspberry Pi Mouse V3入門パック」(Level1~2)を発売した。

photo

今回新たに発売したROS入門・ロボット拡張パックはその続編にあたり、ROSを活用して現実世界の情報を取得しながら動かす開発を始めるための講習となる。

photo

具体的には、ROS導入のための環境構築から始まり、ROSを使った車輪型ロボットの基本的な制御方法、さらに別売のオプションキットやカメラ、測域センサーを使った拡張方法などについて解説する。入門パックのLevel1から系統的に学習できる構成になっているが、学習者のレベルにより今回のLevel3から始めても問題ないという。

価格は1人あたり3万3000円(税込、アカデミック価格あり)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piを搭載しRTK-GPS測位で正確に芝刈りできる自動ロボット芝刈り機「OpenMower」
  2. 好奇心とエラーが生んだ極彩色の3Dプリント——「積彩」が求める未知の驚き
  3. クラウドベースIDEを使いFPGAの基礎から応用まで学べるFPGAボード「STEPFPGA」
  4. そうめんの空箱とラズパイで昭和のゲームを作る
  5. Pi Zeroがクアッドコアに進化——「Raspberry Pi Zero 2 W」発売
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. オープンソースの3Dプリント技術を守ろう——特許出願の再審査を求めるためクラウドファンディングを開始
  8. CQ出版、GPUプログラミング入門を特集した「Interface 2022年8月号」を発売
  9. 日本3Dプリンター、0.02mm精度の3Dスキャナー「FreeScan UE Pro」発売
  10. 加工エリアは無限大——折り畳み可能なポータブルレーザー加工機「Optic」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る