新しいものづくりがわかるメディア

RSS


実機を使ってROS開発を学ぶ——アールティ、E-learning教材「ROS入門・ロボット拡張パック」発売

アールティが、ロボット実機を使ってROS開発の基礎から学習できるE-learning教材「ROS入門・ロボット拡張パック」(Level3)を発売した。

photo

同社ではロボットエンジニア育成のための教材の開発や研修などを実施しているが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、E-learning教材の需要が高まってきたという。そこで2020年10月に第1弾として、車輪型ロボット「Raspberry Pi Mouse V3」を題材にして車輪型ロボットのセットアップから制御の基礎が学べる「Raspberry Pi Mouse V3入門パック」(Level1~2)を発売した。

photo

今回新たに発売したROS入門・ロボット拡張パックはその続編にあたり、ROSを活用して現実世界の情報を取得しながら動かす開発を始めるための講習となる。

photo

具体的には、ROS導入のための環境構築から始まり、ROSを使った車輪型ロボットの基本的な制御方法、さらに別売のオプションキットやカメラ、測域センサーを使った拡張方法などについて解説する。入門パックのLevel1から系統的に学習できる構成になっているが、学習者のレベルにより今回のLevel3から始めても問題ないという。

価格は1人あたり3万3000円(税込、アカデミック価格あり)となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る