新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piで家電最大8台をコントロールできるリレー拡張ボード「PiRelay 8」

Raspberry Piで家電を最大8台までコントロールできるリレー拡張ボード「PiRelay 8」がKickstarterに登場し、順調に調達額を増やしている。

PiRelay 8は、既存の照明器具などをスマート家電化し、Raspberry Piでオン/オフできるようにするリレー拡張ボード。AC250V/7AまたはDC30V/10Aまでの家電や機器をコントロールできる。

PiRelay 8
PiRelay 8

PiRelay 8とRaspberry Piとの接続には40ピンスタッキングヘッダーを使う。3.3Vの制御信号は、EL357NCフォトカプラーで高圧側から分離されている。PiRelay 8の大きさは72.01×267.77mm、電源は5V/3Aだ。

PiRelay 8

PiRelay 8には、オプションとして解像度800×480ピクセルの4.3インチLCDタッチスクリーンが用意されている。Raspberry PiとHDMI接続して、LCDから各ポートのオン/オフ操作ができることに加え、PiRelay 8は3.5mmオーディオジャック、HDMIオーディオ出力、スピーカーコネクターを装備しているので、スマート家電化/ホームオートメーション以外にもさまざまな使い方が可能だ。

PiRelay 8のキャンペーン価格は25ポンド(約3800円)で、Raspberry Pi 4の2GBモデル付きは60ポンド(約9000円)、LCDタッチスクリーン付きは75ポンド(約1万1000円)。出荷は2021年9月の予定で、日本への送料は25ポンド(約3800円)だ。

PiRelay 8は2021年7月31日までクラウドファンディングを実施する予定だが、2021年7月19日時点で目標額500ポンド(約7万5000円)を上回る約7000ポンド(約110万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. リアルタイムモニター付きRaspberry Pi用無停電電源ボード「UPS HAT For Raspberry Pi」
  2. ラズパイでクラスタリング——Raspberry Pi 4 Compute Module対応4ノードクラスター「Turing Pi 2」
  3. たかがニッパー、されどニッパー。ニッパーを笑うものはニッパーに泣く! 【ギャル電きょうこの意識の低い工具入門】
  4. 旧OSが必要なユーザーに向けて——Raspberry Pi財団、BusterベースのOS「Legacy」を発表
  5. 「Arduino IDE」が2.0へ——Arduino IDE 2.0 RCを公開
  6. USBドングルタイプのM5Stack IoT開発キット「ATOM U」発売
  7. 3つのモデルでさまざまな加工に対応——コンパクトでハイパワーなレーザー加工機「HiLaser Z」シリーズ
  8. Dr.片山の100均ロボット研究室 おもちゃの電車を載せるだけ! 手のひらサイズの6脚歩行ロボット
  9. スイッチサイエンスが「Arduino Nano 33 BLE」「Arduino Nano 33 BLE Sense」を発売
  10. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る