新しいものづくりがわかるメディア

RSS


最短4時間で堆肥にできる——バイオプラスチックも分解できる生ごみ処理機「Lomi」

ボタン1つで簡単に生ごみを堆肥化できる卓上サイズの生ごみ処理機「Lomi」がIndiegogoで約7億6600万円を集めてプロジェクトを達成し、現在In demandで注文を受け付けている。

photo

Lomiは、生ごみだけでなく、生分解性プラスチックのスマホケースや食器も堆肥にできる。加熱と粉砕、酸素を利用してごみの分解を促進し、省エネかつ静音設計で、地球や環境にも優しい。

photo

使い方も簡単で、Lomiの中に生ごみを入れたら、ボタンを押すだけ。でき上がった堆肥は、家庭菜園や花壇に利用できる。

photo

堆肥化モードは全部で3種類。素早く生ごみを処理したい場合は最短4時間の「Express Mode」、時間をかけて栄養豊富な堆肥を作りたいときは20時間の「Eco Mode」、生分解性プラスチックを処理する場合は10時間の「Bioplastic Mode」を利用すると良い。

photo

大きさは228×388×314mmで、容量は3Lまで。内部のステンレスバケツは、食洗機対応で清潔さを保てる。処理中のにおいは、詰め替え式の活性炭フィルターで抑えている。騒音レベルは、40~50dBと電子レンジよりは静かだという。

photo

Lomiはクラウドファンディング終了後も売り上げを伸ばし、2021年7月20日時点で5万ドル(約550万円)の目標額を大きく上回る707万ドル(約7億7400万円)の資金を調達している。In Demandでの特別価格は399ドル(約4万4000円)で出荷は2022年1月の予定だが、現時点で日本への発送はしていない。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る