新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「中国の人工太陽」がプラズマ温度と持続時間で世界新記録——核融合発電の重要なマイルストーン

中国科学院は2021年5月28日、「中国の人工太陽」とも呼ばれる全超伝導トカマク型核融合エネルギー実験装置(EAST)で、1億2000万℃のプラズマ温度を101秒間持続し、世界新記録を樹立したと発表した。さらには、1億6000万℃のプラズマ温度を20秒間持続するとの偉業も成し遂げている。同実験は、中国東部に位置する安徽省の首都、合肥で行われた。

中国科学院プラズマ物理研究所の研究者、Gong Xianzu氏が率いるEASTチームは、世界で最も野心的なエネルギープロジェクトの1つ「ITER」とも深くかかわっており、同核融合実験炉向けに下部補正コイルといったコンポーネントも提供している。

ITERの公式サイトによると、核融合は太陽や星のエネルギー源で、恒星の中心では水素原子核がぶつかり合い、より重いヘリウム原子に融合する過程で途方もない量のエネルギーを放出しているのだという。実験室で最も効率的な核融合反応は、2つの水素同位体、重水素 (D) とトリチウム (T) を用いたDT反応とされている。

実験室で核融合反応を起こすには、1億5000万℃という非常に高い温度、十分なプラズマ粒子密度、十分な閉じ込め時間の3条件を達成する必要がある。今回の実験では、1億6000万℃との高温を達成し、核融合炉の試験運転に向けた重要なステップを踏んだことになる。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiでPCを遠隔管理——KVM over IP用拡張ボード「PiKVM v3 HAT」
  2. 低価格でも精密な造形——DLP方式3Dプリンター「Anycubic Photon Ultra」
  3. Raspberry Piで制御するロボットアーム——音声コントロール対応6軸ロボットアーム「mechArm」
  4. ステンレスへの刻印も——7.5Wダイオードレーザー加工機「OKU Desk」
  5. ArduinoがSeggerと提携——Arduio IDE 2.0で正式サポートへ
  6. モジュール式の竹製家具が製作できる3Dプリントのコネクタ——宇宙での利用にも期待
  7. 音波を減衰させて騒音を半減させるねじ——床や天井の建築材を薄くして空間を広く取ることも可能に
  8. 豊橋技術科学大学ICD-LAB「弱いロボット」に学ぶものづくりのアイデアのヒント
  9. 超音速微粒子の衝突に耐える超軽量「ナノアーキテクチャ材料」を開発
  10. バイオ燃料の限界を超える人工酵母を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る