新しいものづくりがわかるメディア

RSS


月額課金でグループトーク——BONX、新料金プラン「BONXサブスクプラン」スタート

BONXは、グループトークソリューション専用ハードウェア「BONX Grip」「BONX mini」をサブスクリプションモデルで提供する新料金プラン「BONXサブスクプラン」をスタートした。

BONX GripとBONX miniは、イヤホンタイプの専用ハードウェアで、Bluetoothでスマートフォンを経由してインターネットに接続し、セットで利用するグループトークソリューション「BONX WORK」を使って、リアルタイムでのグループトークが可能だ。

新料金プランは、ベーシックとプレミアムの2種類。ベーシックは、 BONX GripかBONX miniのどちらか1台を選び月2750円。プレミアムは、BONX Grip1台、BONX mini2台、以降販売になる新商品の全てのいずれかが対象で、月4400円(いずれも税込)と、BONX WORKとセットで利用することで、ソフトとハードを一体化して月額課金で利用できる。

ベーシック、プレミアムのどちらでも、3カ月に1回までは対象となるハードウェアの変更が可能で、保証期間が過ぎた場合でも故障したハードウェアは交換できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  5. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  8. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  9. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る