新しいものづくりがわかるメディア

RSS


わずか数マイクロメートルの構造をプリントできる3Dプリンターを開発

わずか数マイクロメートルの構造をプリントできる3Dプリンターが、スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)で開発された。

EPFLの研究者らが開発した3Dプリンターは、溶融エレクトロライティング(Melt Electrowriting:MEW)方式。自分たちが求める条件を満たすMEW方式3Dプリンターを見つけられなかったことから開発したもので、直径1~10マイクロメートルの構造を造形できる。MEWとは、直径1~100ナノメートルのナノファイバー製造に使われる溶融エレクトロスピニング法(溶融電界紡糸法)を3Dプリンティングに応用した技術だ。

EPFL Melt Electrowriting (MEW) 3D printer
EPFL Melt Electrowriting (MEW) 3D printer

EPFLが開発した3Dプリンターはプリント速度も速く、20×20mmの構造を2分ほどで造形できる。このプリンターのプロトタイプを設計したEPFLのエンジニアであるDeeke Ehmen氏は、ユーモアを交じえて「何をプリントするかにもよるが、普通はコーヒーを飲み終わるまでには完了する」と述べている。

この3Dプリンターは、主に生物学分野において、組織や細胞を培養するためのスキャフォールド(足場)の作成、センサーや生物医学(バイオメディカル)デバイスの製造など、さまざまな可能性を秘めているという。Ehmen氏は、この3Dプリンターの特徴に関して「あらゆる種類のプラスチックを含む多くの材料を使用できるという事実は、理論的にはどんな製品でも造形できることを意味する」と述べている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る