新しいものづくりがわかるメディア

RSS


SpaceXがStarlink衛星の打ち上げペースを加速中、ブースター再利用回数が10回超え

米SpaceXは2021年5月9日午前2時42分(米国東部標準時)、フロリダ州ケープカナベラル宇宙軍基地の「Space Launch Complex 40(SLC-40)」から、60基の「Starlink」衛星を打ち上げた。約9分後、「Falcon 9」ロケットの第一ステージ(ブースター)は海上で待つドローン船「JustReadtheInstructions」に着陸。ブースター再利用が10回を超えるという新記録を打ち立てている。

SpaceXのCEO、イーロン・マスク氏は、打ち上げ前のTweetで「Falcon 9ロケットのブースターが初めて2桁の飛行に到達するだろう」と述べている。今回再利用されたベテランブースターは、Crew Dragonによる最初の国際宇宙ステーションへのデモンストレーションミッション、RADARSATコンステレーションミッション、SXM-7ミッション、そして今回と合計7回のStarlinkミッションで利用された。

SpaceXはスターウォーズの日である5月4日にもStarlink衛星60基を打ち上げたところだ。今回の打ち上げは、2021年でもって11回目となるStarlinkミッションで、昨年に引き続き順調に打ち上げペースを加速している。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  3. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る