新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリンターと輪ゴムで作る虫かごが「ナイスアイデア」と話題

プロダクトデザイナーの大村卓さんが3Dプリンターと輪ゴムで作った虫かごをTwitterで公開したところ、4万3000件以上の「いいね」を集め評判になっている。

3Dプリンターで造形した虫かごの枠には多数の溝が付いており、そこに輪ゴムを引っかけて使う。指で輪ゴムを広げて虫を中に入れ、ゴムから手を離すだけで逃げられなくなるため、虫捕りの際に素早く確実に捕まえることができる。

一定間隔に張られた輪ゴムを使っているため、力の強い虫や小型の虫は抜け出す恐れがあるほか、虫によっては噛み切られてしまうこともあるという。

大村さんは、後日のツイートで「最初に作ったバージョンはゴムのテンションに負けて変形してしまったので断面形状を調整した」と補足した。ゴムを掛ける部分も「掛けやすく外れにくい」形状を検証したそうで、「これらを一体でやるにはやっぱり3Dプリンタが便利」と説明している。

虫かごの外形寸法は150×80×110mmで、大村さんのWebサイトで1650円(税込)で販売もしている。また、枠の3Dプリント用データのみを400円(税込)で販売しており、手持ちの3Dプリンターで作成することも可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  3. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  4. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  5. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  6. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  7. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」
  8. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  9. APPLE TREE、高さ600mmまで造形可能な大型FFF方式3Dプリンター「Guider 3 Plus」を公開
  10. 好奇心とエラーが生んだ極彩色の3Dプリント——「積彩」が求める未知の驚き

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る