新しいものづくりがわかるメディア

RSS


米スタートアップFabric8Labsが21億円を調達——革新的な金属3Dプリンティング技術を目指す

サンディエゴのスタートアップ企業Fabric8Labsは2021年7月20日、新たな金属積層造形(AM)技術の商業化に向けた資金調達で1930万ドル(約21億2000万円)を集めたと発表した。Intel Capital主導による資金調達ラウンドのシリーズAには、他にもシンジケートパートナーとしてLam Capital、TDK Ventures、SE Ventures、imec.xpand、Stanley Ventures、Mark Cuban氏が参加した。

Fabric8Labsは、既存の金属積層造形技術とはまったく違ったアプローチで商業化を進めている。原子レベルで材料を高速積層する特許取得済みのプロセスは、ミクロ構造、表面仕上げ、密度を制御することで材料特性を高め、複雑なパーツを高解像度で造形できる。また、独自のアプローチは高価な金属粉末や時間のかかる後処理工程を必要とせず、システムはほぼ室温で運用できるため、これまでの手法と比べ大幅なコストダウンと省エネ化が可能だという。

材料となる金属塩は市場で入手でき、供給材料は再利用も可能。他にも、造形パーツはゼロ収縮、ハイオーバーハング、熱処理不要、サポート材不要のパーツ造形や既存の基板に直接積層できるプリント能力などのメリットがあり、デザインの自由度を損なうことなく低コストでサステナブルな運用が可能になる。

AM市場規模は現在の128億ドル(約1兆4045億円)から、2030年までに1530億ドル(約16兆7887億円)に成長すると試算される。Fabric8Labsは広範な市場へのメタルAM技術適用の加速化にフォーカスしており、金属3Dプリンティングのさまざまな課題を解決するためのIPポートフォリオの構築に努めてきた。同社は主要な戦略パートナーたちとともに、既に成熟した技術を活用しながら、独自の工程を収益の高い大量生産への適用を目指している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  10. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る