新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry PiとAWSで電源を監視——スペクトラム・テクノロジー「UPS電源開発キット」を発売

スペクトラム・テクノロジーが、ソーラーパネルとポータブル電源を使ってUPS電源化する「UPS電源開発キット」を発売した。

photo

同キットは、直流電圧/電流センサー(INA219)でポータブル電源の電圧を10秒毎に収集。Raspberry Piを介してAWS IoTに送信してリアルタイムで表示すると共に、電圧がしきい値以下になるとPCにシャットダウン信号を送信して安全に停止させる。

photo

昼間のピーク電力を抑えてソーラーパネルで充電することで電気代を抑制すると共に、CO2排出量削減にも貢献する。同社試算によると家庭内の3%(80kg CO2)のCO2排出量を削減し、電気代を年間4550円抑制できるという。

photo

UPS電源として動作することはもちろん、CO2削減のための具体的な事例としても有効に活用できるという。オプションの「電力計キット」を使うと、AC100Vの電力量をリアルタイムで監視し、時間電力量や電気代を把握することができるようになる。教育機関などでの環境問題学習用の教材や、企業でCO2排出量削減を検討していたり、ピーク時電力の削減を考えている人向けのソリューションなどでの用途を想定している。

photo

キット内容は、INA219電圧/電流センサー、プログラム(Python)、マニュアルで、価格は5500円(税込)。提供されるプログラムは、バッテリー電圧常時監視UPS化プログラムと単体試験およびシャットダウンプログラムだ。同キットの動作には「AWS IoT開発キット(Pi版)」(4万5100円、税込)が別途必要になる。また、ポータブル電源とソーラーパネルは付属せず各個別見積もりとなる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiでPCを遠隔管理——KVM over IP用拡張ボード「PiKVM v3 HAT」
  2. 低価格でも精密な造形——DLP方式3Dプリンター「Anycubic Photon Ultra」
  3. Raspberry Piで制御するロボットアーム——音声コントロール対応6軸ロボットアーム「mechArm」
  4. ステンレスへの刻印も——7.5Wダイオードレーザー加工機「OKU Desk」
  5. ArduinoがSeggerと提携——Arduio IDE 2.0で正式サポートへ
  6. モジュール式の竹製家具が製作できる3Dプリントのコネクタ——宇宙での利用にも期待
  7. 音波を減衰させて騒音を半減させるねじ——床や天井の建築材を薄くして空間を広く取ることも可能に
  8. 豊橋技術科学大学ICD-LAB「弱いロボット」に学ぶものづくりのアイデアのヒント
  9. 超音速微粒子の衝突に耐える超軽量「ナノアーキテクチャ材料」を開発
  10. バイオ燃料の限界を超える人工酵母を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る