新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry PiとAWSで電源を監視——スペクトラム・テクノロジー「UPS電源開発キット」を発売

スペクトラム・テクノロジーが、ソーラーパネルとポータブル電源を使ってUPS電源化する「UPS電源開発キット」を発売した。

photo

同キットは、直流電圧/電流センサー(INA219)でポータブル電源の電圧を10秒毎に収集。Raspberry Piを介してAWS IoTに送信してリアルタイムで表示すると共に、電圧がしきい値以下になるとPCにシャットダウン信号を送信して安全に停止させる。

photo

昼間のピーク電力を抑えてソーラーパネルで充電することで電気代を抑制すると共に、CO2排出量削減にも貢献する。同社試算によると家庭内の3%(80kg CO2)のCO2排出量を削減し、電気代を年間4550円抑制できるという。

photo

UPS電源として動作することはもちろん、CO2削減のための具体的な事例としても有効に活用できるという。オプションの「電力計キット」を使うと、AC100Vの電力量をリアルタイムで監視し、時間電力量や電気代を把握することができるようになる。教育機関などでの環境問題学習用の教材や、企業でCO2排出量削減を検討していたり、ピーク時電力の削減を考えている人向けのソリューションなどでの用途を想定している。

photo

キット内容は、INA219電圧/電流センサー、プログラム(Python)、マニュアルで、価格は5500円(税込)。提供されるプログラムは、バッテリー電圧常時監視UPS化プログラムと単体試験およびシャットダウンプログラムだ。同キットの動作には「AWS IoT開発キット(Pi版)」(4万5100円、税込)が別途必要になる。また、ポータブル電源とソーラーパネルは付属せず各個別見積もりとなる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る