新しいものづくりがわかるメディア

RSS


HF/VHF帯が受信可能——マルツ「Airspy HF+ Discoveryソフトウェア無線(SDR)受信機」発売

マルツエレックは、DSPとRF技術を組み合わせたHFおよびVHF用の「Airspy HF+ Discoveryソフトウェア無線(SDR)受信機」を発売した。

photo

Airspy HF+ Discoveryは、HF用とVHF用に2つのアンテナコネクタを持つAirspy HF+ Dual Portに、4分割のプリセレクタを追加した製品だ。

周波数の分割は、HF以下の帯域で0~5MHz、5~31MHz、10~31MHz、17~31MHz。低損失のプリセレクタを追加することにより、ダイナミックレンジを拡大した。

ほとんどの主要なSDRソフトウェアをサポート。フリーソフトSpyServerにより、Raspberry PiなどにAirspy HF+を接続することでリモートサーバ機能を立ち上げることができ、インターネットを通して複数のリスナーが同時にアクセスできる。

製品サイズは45×60×10mm、HFカバー範囲は0.5kHz~31MHz、VHFカバー範囲は60~260MHz。動作環境はWindows Vista/7/8/8.1/10。税込価格は、2万8380円だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  5. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  8. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  9. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る