新しいものづくりがわかるメディア

RSS


バイオマス素材と3Dプリンターで循環型都市づくりを目指す「Recapture」プロジェクト

酢酸セルロースを使用した椅子の例

建築マネジメント事業などを手掛けるNODらが、生分解性バイオマス素材や有機廃棄物などを3Dプリンターによって加工および再利用し、循環型の都市づくりを目指すプロジェクト「Recapture」を開始した。

同プロジェクトは、NODとネクアス、およびBooleanの3社による共同プロジェクトだ。「自然と人間のつながりを捉え直し、有限の資源を利活用する循環型都市を実現する」ことを目指す。これまで都市空間を構成する要素の多くは使用後破棄されてきたが、再利用可能な素材を3Dプリンターを活用して加工し、作り手がクリエイティビティを発揮しつつ、環境負荷の低い都市を作ることを目標にする。

今回プロジェクトの第1弾の取り組みとして、ネクアスが開発した生分解性酢酸セルロース素材「NEQAS OCEAN」を活用した大型3DP家具を発表した。

酢酸セルロースは、木材繊維や綿花などの自然由来の資源を用いた素材だ。高い生分解性を有し、使用後は土に埋めたり海中に沈めたりすることで水と二酸化炭素に分解する。今回使用する素材NEQAS OCEANは、その酢酸セルロースに独自技術で可塑剤を配合し、熱成形できるようにしたセルロース系バイオマス素材だ。可塑剤には人体への影響がない素材を利用している。

今後は車や船などのモビリティ、住宅やカフェ、商業施設などの建築物、さらに橋やトンネルなどの建造物まで、都市を構成するさまざまな要素を3Dプリンターと再利用可能な素材を使って構築していくという。

酢酸セルロースを使用した椅子の例(拡大写真) 酢酸セルロースを使用した椅子の例(拡大写真)
酢酸セルロース製品の循環サイクル 酢酸セルロース製品の循環サイクル

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  3. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  4. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  5. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  6. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  7. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」
  8. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る