新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ソーラーパネル付きウイングセイルで発電する未来のスーパーヨットのコンセプト——船上で水素も製造

Kurtstrand

米フロリダ州を拠点とするノルウェー人デザイナーのKurt Strand氏が、160メートル級セーリングスーパーヨット「Florida」号のコンセプトを発表した。

このヨットは、カーボンファイバー製ウイングマストを備えている。高さ80メートルのウイングセイル3枚は電動油圧式かつ伸縮式で、格納可能だ。

さらに、ウイングセイルは最新のソーラーパネルで覆われている。風がないときにはソーラーセイルモードに切り替わり、制御システムが自動的にセイルを調整して、太陽光に対して最適な角度にする。一方、風が強いときにはセイルモードになり、この場合もソーラーパネルから発電可能だ。ヨットの底部には水力発電機も設置されており、ヨットが帆走している間でも電力を生産する。

これらの電力はバッテリーバンクに蓄えられ、船上での水素製造にも利用される。風がない場合や太陽が照っていない場合には、水素燃料電池を使ってヨットを走らせることができる。

同サイズの従来のヨットと比較して、必要な燃料を約90%削減できる上に、理想的な天候の下では使用電力以上の電力を生み出すという。化石燃料で作動するバックアップ用の発電機システムもあるが、使われることはほとんどないだろうとしている。

Florida号は、豪華なスイートルーム12室にゲスト24名、クルー40名を収容できる。また、前部デッキにはスーパーヨット用ヘリポートとその下部にある格納庫へのエレベーター、後部デッキには大きなスイミングプールなど、数々のハイエンドな設備がある。さらに、水陸両用で潜水艇にもなる全長約12メートルの電動式リムジンテンダーをはじめとしたさまざまな乗り物なども取りそろえる。その他にフィットネスセンター、スパ、スーパーカーガレージ、映画館なども完備するという。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  5. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  8. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  9. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る