新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチサイエンスが「Tiny Machine Learning用 Raspberry Pi Picoバンドルセット」を発売

スイッチサイエンスは「Tiny Machine Learning用 Raspberry Pi Picoバンドルセット」の販売を2021年9月3日に開始した。

同セットは、Raspberry Pi PicoやRP2040を搭載した他社製ボード向けのカメラモジュールだ。低消費電力なモノクロカメラ機能を搭載しており、常に電源オンの状態が必要なマシンビジョンなどの用途に適している。

カメラはHimax製HM01B0-MWAをベースにしたQVGAカメラモジュールだ。解像度は320×320ピクセルで、Raspberry Pi PicoをジャンパーワイヤーでQVGAカメラモジュールに接続するだけで使用できる。

なお、カメラモジュールの偶数ラインポートは拡張用に割り当てられており、Arducam Miniモジュール(2メガピクセル/5メガピクセル)を利用して機能を拡張することが可能。価格は3268円だ(税込)。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 5kgのボウリング球で巨大トラックボールを作ったら
  4. 第1回 ラズパイってなんですか
  5. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. シアトル発スタートアップ、ガレージに置けるコンパクトな核融合炉を開発中
  8. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  9. 自宅の3Dプリンターでフードプリント——フード3Dプリンター用エクストルーダー「LuckyBot」
  10. とってもエコだけどまったく役に立たない新感覚の機械、作りました

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る