新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチサイエンスが「Tiny Machine Learning用 Raspberry Pi Picoバンドルセット」を発売

スイッチサイエンスは「Tiny Machine Learning用 Raspberry Pi Picoバンドルセット」の販売を2021年9月3日に開始した。

同セットは、Raspberry Pi PicoやRP2040を搭載した他社製ボード向けのカメラモジュールだ。低消費電力なモノクロカメラ機能を搭載しており、常に電源オンの状態が必要なマシンビジョンなどの用途に適している。

カメラはHimax製HM01B0-MWAをベースにしたQVGAカメラモジュールだ。解像度は320×320ピクセルで、Raspberry Pi PicoをジャンパーワイヤーでQVGAカメラモジュールに接続するだけで使用できる。

なお、カメラモジュールの偶数ラインポートは拡張用に割り当てられており、Arducam Miniモジュール(2メガピクセル/5メガピクセル)を利用して機能を拡張することが可能。価格は3268円だ(税込)。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. リアルタイムモニター付きRaspberry Pi用無停電電源ボード「UPS HAT For Raspberry Pi」
  2. ラズパイでクラスタリング——Raspberry Pi 4 Compute Module対応4ノードクラスター「Turing Pi 2」
  3. たかがニッパー、されどニッパー。ニッパーを笑うものはニッパーに泣く! 【ギャル電きょうこの意識の低い工具入門】
  4. 旧OSが必要なユーザーに向けて——Raspberry Pi財団、BusterベースのOS「Legacy」を発表
  5. 「Arduino IDE」が2.0へ——Arduino IDE 2.0 RCを公開
  6. USBドングルタイプのM5Stack IoT開発キット「ATOM U」発売
  7. 3つのモデルでさまざまな加工に対応——コンパクトでハイパワーなレーザー加工機「HiLaser Z」シリーズ
  8. Dr.片山の100均ロボット研究室 おもちゃの電車を載せるだけ! 手のひらサイズの6脚歩行ロボット
  9. スイッチサイエンスが「Arduino Nano 33 BLE」「Arduino Nano 33 BLE Sense」を発売
  10. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る