新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Markforged、高機能3Dプリンター複合材料「Onyx FR-A」「Carbon Fiber FR-A」を発表

Markforgedは2021年7月26日、 新たな3Dプリンター用複合材料「Onyx FR-A」と「Carbon Fiber FR-A」を発表した。航空宇宙や防衛産業など、材料に厳しい要件や規制が課せられる分野を支援する大きな戦略的ステップになるという。

photo

2つの複合材料は、カーボン短繊維を添加した難燃性材料「Onyx FR」とカーボンファイバー材料「Carbon Fiber FR」の航空宇宙対応バージョンとして開発。工業用3Dプリンター「X7」で出力可能な複合材料は現在、ウィチタ州立大学付属の国立航空研究所(NIAR)に属するNCAMP(National Center for Advanced Materials Performance)による認定プログラムで評価中だ。

Onyx FR-AとCarbon Fiber FR-Aは、特に航空機内装部品向けに火災、煙、毒性(FST)の要件を満たすよう設計されており、トレーサビリティやNCAMP認定の仕様も備える。高い重量比強度や高品質な表面仕上げ、信頼性の高さから、航空宇宙や防衛産業など材料に厳しい要件や規制が課せられる産業での採用を想定している。そのようなハイレベルなドキュメンテーションが求められる産業が、より自由に付加製造や連続繊維強化を使ったエンドユースパーツの可能性を探求できるようになるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiでPCを遠隔管理——KVM over IP用拡張ボード「PiKVM v3 HAT」
  2. 低価格でも精密な造形——DLP方式3Dプリンター「Anycubic Photon Ultra」
  3. Raspberry Piで制御するロボットアーム——音声コントロール対応6軸ロボットアーム「mechArm」
  4. ステンレスへの刻印も——7.5Wダイオードレーザー加工機「OKU Desk」
  5. ArduinoがSeggerと提携——Arduio IDE 2.0で正式サポートへ
  6. モジュール式の竹製家具が製作できる3Dプリントのコネクタ——宇宙での利用にも期待
  7. 音波を減衰させて騒音を半減させるねじ——床や天井の建築材を薄くして空間を広く取ることも可能に
  8. 豊橋技術科学大学ICD-LAB「弱いロボット」に学ぶものづくりのアイデアのヒント
  9. 超音速微粒子の衝突に耐える超軽量「ナノアーキテクチャ材料」を開発
  10. バイオ燃料の限界を超える人工酵母を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る